« W杯最終予選 イラク 1-1 日本  ورزشگاه شهيد دستگردی | トップページ | パールボウル優勝  オービックシーガルズ »

2017年6月17日 (土)

セレッソ大阪 1-1 清水エスパルス  大阪市東住吉区長居陸上

Zimg_1693aaaq

得点 テセ 清武

好きなサッカークラブを変えるのは大変だ。

性転換の手術を受けるぐらいの覚悟がいるし、消耗もするし、代償も支払う。

もちろん性転換する人もいるし、それなりの事情があるわけで、それも尊重すべきこと。

根っから清水サポだと思っていたのに、実は潜在意識では鹿島サポであり

その違和感に苛まれてきて、ついに手術を受けることに。

そんな人もこの世にはいるだろう。

だが私は性転換の手術を受ける度胸も覚悟もないし、その必要性がそもそもない。

なぜなら清水エスパルスが好きだから。

十年前の熱心ぶりと比べ、ぬるサポすぎる恥ずかしさだが

そんな人だって愛せる清水エスパルス。

好きなサッカークラブを変えるなんて、考える方が疲れてしまう。

Zimg_1747aaaaq

大阪市でのアウェイゲーム。

専スタの金鳥ではなく陸上の長居なのは現地観戦ならば残念だが

勝負だけを考えれば悪くない。

巨大陸上競技場はセレッソのホーム感が薄れるし、イーブンな環境が生まれる。

清水のスタメン。

テセは脳震盪から無事に復帰。

長期離脱した白崎の代わりにはデュークが選ばれた。

セレッソでプレーしていた枝村には攻略を期待したい。

センターバックには二見とカヌ。

カヌのフィジカルに疑問はないので、どれだけJリーグの俊敏性についていけるか。

フレイレはJリーガー達の俊敏性に難色を示す結果だった。

外国人選手がJリーグに嵌まるかどうかは、日本人の俊敏性への適応が9割がた。

期待したい。

Zimg_1789

セレッソ大阪は代表で怪我をした山口蛍が間に合ったんだな。

オフェンスポジションで身後tに復活した山村も気になる。

GKも監督も韓国人のセレッソ。

それに対し、国籍は韓国だが代表は北朝鮮、名古屋育ちのチョンテセが立ち向かう。

見てるとどうしてもフレームレートには違和感があるね。

次の次のCLからダゾーンの独占中継だそうで。

このフレームレートをどう感じるかだろうな。

BSやスカパーの一秒間60コマは遠く、地上波の一秒間30コマも無理で

20コマが限度なダゾーン。

でもJリーグサポーターとしては2ステージ制がなくなって感謝です。

1ステージ制への感謝を胸にダゾーンを見る。

Zimg_1800q

チアゴのボールからキックオフ。

緑のピッチにピンクのセレッソと白のエスパルスで非常に見やすい。

と思っていたら開始3分、早くもチョンテセがゴール!!!

C大阪0-1清水。

ペナルティエリアの左脇からチアゴのクロス。

テセがゴールの至近距離にするっと入りこみ、ヘディングシュート、ゴール!

こんなの当たり前だと言わんばかりのテセの態度。

フェイスガードをした枝村もテセに駆け寄る。

余りにもキックオフしたばかりだったので、セレッソの選手達は苦笑い。

セレッソの枚数は充分足りていたのに

CLのクリロナばりの抜け出しを見せたテセ。

見事としか言いようがないが、まだ試合は始まったばかり。ここからです。

Zimg_1803

選手のテロップが出るたび、身長と体重も表示されるが、みんな軽すぎるわ。

身長はそれほどCLファイナルの選手達と変わらないが、体重が軽すぎる。

チアゴが倒れ屋さんなのも体重が軽く、フィジカル勝負が苦手なのだろう。

ペナルティエリアのすぐ外で柿谷のフリーキック。

シュートボールは壁を越えて急降下。

GK六反が弾いてクリア。

ボールを得たチアゴがカウンター攻撃。

最後まで一人でドリブルしきりペナルティエリア内に入ったが上手くいかず。

実況解説は上がってきていた清水の選手へのパスを話しているが、それは駄目だ。

自分で行ける以上、絶対に行くべき。

これは確実に渡せば決めてくれるという状況ならともかく、そうではなかった。

こういう失敗が起こるたびにパスの選択を実況解説が促すようでは

日本サッカー界に未来はない。

言いたい気持ちを抑えて、チアゴの健闘、セレッソの好守を称えるべき。

そこが変わらないと日本がワールドカップでベスト16より上に行くことはできない。

Zimg_1810

チアゴが倒され、そのあとのフリーキックが蹴られた直後に前半終了のホイッスル。

ハーフタイムへ。

C大阪0-1清水。

セレッソの攻撃、特にセットプレーは徐々に精度を増してきている。

どこかで一点入ってもおかしくない。

70分過ぎて疲労困憊の辺りから、今ぐらいの意地を見せた守備が続けられるか。

疲労すればするほど集中力は落ちる。

それは意気込みではなくスタミナ、体の出来具合の問題である。

前半はセレッソが61%のボールポゼッション。

走り回されている清水が耐えしのぐには、さらなるもう一点が必要だ。

Zimg_1873

後半キックオフ。

セレッソ大阪は清武が登場。

清武って海外組かと思ってたら、セレッソ大阪にいたんだね。

しかもスタメンじゃないし。

これで金鳥だったとすると、ホームゴール裏だけピッチに近いので激しい圧だが

ヤンマー長居陸上は客席まで距離たっぷりなので圧は感じずに済む。

あとはサンバのオレンジコールが長居を飲み込むだけ。

テセとチアゴがいると前線でボールが繋がって見ていて楽しい。

これがJ1で戦う出発地点。

これ無しだと本当しんどい。全うな試合ができる。

ボールが収まる限り、おかしな不安は起こらない。

選手もサポーターもすべてがこの安定感の上に試合に臨める。

Zimg_1875q

清水のアウェイユニは白ベースに迷彩の薄いグレーが混ざる。

これが照明に白飛びせず、見やすいユニフォームカラーを提供する。

柿谷のコーナーキック。

デュークがヘディングで掻き出した。

デュークがいると守備の場面で背が高くてええわ。

背が高いというのは、シュートが上手かったり持久力があったりするのと同等の価値。

体の小さい選手の懸命なプレーに評価が集まりがちな日本の風土だが

そんなものは生まれながらの桁違いな心肺機能や筋肉に支えられてプロをやれているだけ。

背の高い選手へのリスペクト、デュークの有用さを。

と思っていると、枝村が下がって小柄な金子が入った。

小さい体ならではの抜ける動きをピッチで。

セレッソの猛攻が続き、なかなか入れなかった金子。前線からの守備を。

Zimg_1904aaaaaaq

残り25分。

セレッソのボールポゼッションが60パーセントを超えるだけに

清水はみなくたくたに疲労している。

このまま防戦一方ではいつか決められる。

デュークのロングシュートをGKが弾いて清水のコーナーキック。

チアゴが蹴ったボールは誰にも合わず。

みんな疲れてしまっているな。

残り20分。

どんな形であれ勝ち点3が求められる。

清水エスパルスがJ1に居続けるため。

獲れるとき獲れないとチームは終わる。

この試合は獲れる試合だ。

相手が上位、下位は関係ない。

獲れる試合を死にもの狂いで絶対獲る。

そして選手達も勝利給を。

Zimg_1910aaaaaq

残り20分。

疲労困憊でキックの精度も欠いてきたチアゴに代わり、北川が入った。

前節ではチアゴの信頼が得られず空気と化した北川だが

チアゴとの交代ならチアゴがピッチにおらず、事態は好転するはず。

得意の裏抜けを。

金子がバックパスで致命的なミス。

チーム全体がカウンター攻撃に入る態勢のなか、相手にボールを渡してしまった。

戻りきれない清水だったが、セレッソのシュートは外れた。

セレッソのコーナーキックとなったがデュークの高さで跳ね返した。

今夜ほど守備でデュークの高さが役立つ試合もない。

デュークが入っていなかったらすでに三点ぐらい獲られているのでは。

オフェンスの選手だがセットプレーの守備で能力を発揮。

柿谷の強烈なシュートをGK六反がパンチで弾く。

Zimg_1080aaaa

残り10分。

全選手が疲労困憊でパスの精度が滅茶苦茶低下。

もはやボールが収まらないし、防戦一方。

もし一点獲られると、あっという間にひっくり返されそうな状況。

だがしつこくしつこく耐える。

ここで耐えて耐えて耐えて、J1の資格を得る。オリジナル10の清水が得る。

一年だけいたJ2には二度と戻らない。

清水は大きくクリアして、セレッソがボールを奪うの繰り返し。

怒涛の攻撃が続くセレッソ。耐える清水。

オーレーオーレーオレオレと炎の闘志、グリコが清水ゴール裏で歌われる。

今の状況にこれほど合った応援はない。

チアゴがいない分、周りが北川を尊重して活かせているし、北川もそれに応えている。

残り時間、北川がポイントになる。

Zimg_1092a

残り5分。

セレッソは丁寧にビルドアップせず、放り込んでくるようになった。

これによって清水の守備はかなり楽になっている。

それは体力的にという意味であり、放り込みが決まるときは決まるだろう。

ファウルを貰えてマイボールとなったとき、どう攻撃できるか。

決して積極的すぎず、マイボールで時間を消費する。

セレッソのシュートボールはゴールエリアまで入ってくるが

あと1メートルで清水が掻き出す。

決してマイボールにはできない。ひたすら大きくクリアするのみ。

またボールを持つセレッソ。そして放り込む。

北川にイエローカード。

セレッソは柿谷が下がった。

Zimg_1059aaaaaq

90分が過ぎてアディショナルタイム5分に突入。

何も変わらない。大きくボールをクリアする清水。放り込むセレッソ。

セレッソがペナルティエリア脇でフリーキック。

ここでデュークを下げて角田が入った。

だがここで松原がハンドをとられた。

セレッソ大阪はPKを獲得。

まだわからない。

これを清武が決めてゴール。

C大阪1-1清水。

清武のシュートはサイドネットに突き刺さり、GKは100%防ぐのが困難なものだった。

Zimg_1065aaaaa

残り時間は僅か。

セレッソの猛攻が続く。シュートの嵐。

そして試合終了。

松原のハンドがどうこうというより、やはり1点だけで勝つのは本当に難しい。

特にこれだけ攻められ続けて。

とはいえ、この試合は獲りたかった。勝ち点3が欲しかった。

こんなに全員が命がけでやって、どこも手を抜く場面がなく、それでも勝てない。

やりきれないし悔しい。

こんなにもハードワークが実り、一丸となったのに届かない勝利。

これから甲府、札幌というボトム同士の対決となる。

今夜のハードワークと一体感があれば、必ず勝てる。

この二試合で勝ち点6獲れる。

小林清水を信じて、甲府、札幌とのJ1残留天王山を勝ち取ろう。

|

« W杯最終予選 イラク 1-1 日本  ورزشگاه شهيد دستگردی | トップページ | パールボウル優勝  オービックシーガルズ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯最終予選 イラク 1-1 日本  ورزشگاه شهيد دستگردی | トップページ | パールボウル優勝  オービックシーガルズ »