« 8/27 浦和戦 エコパ陸上からIAI日本平に会場変更 | トップページ | かわさき大師 サマーフェスタ 2017 サンバカーニバル 後半の部 »

2017年7月20日 (木)

かわさき大師 サマーフェスタ 2017 サンバカーニバル 前半の部

Zimg_1025a

花小金井が楽しかったので、翌日の川崎大師サンバカーニバルにも行ってきました。

品川から京浜急行で行った。

京急の品川駅は次々と電車がやってきて忙しいイメージ。

品川駅はJRとの乗り換えターミナルなのだけど

京急の駅自体が小さく、線路が上りと下りを合わせて三本しかない。

本来なら分かれるべき急行やら各停が一緒くたになって

次々と同じホームにやってくる。

十代の頃、初めてあの光景を見たとき、これが東京の私鉄かと驚いたものだ。

JRの乗換口から見た京浜急行のプラットホームの忙しさは

世界遺産に登録されたい風景。

Zimg_1028a

とはいえ、リニアモーターカーの線路を作るのに伴い

品川駅全体が改築されるそうで

今の京浜急行のプラットホームは10年ぐらいかけて移動してしまうのだとか。

東京らしい風景が消えてしまうのは名残惜しい。

東横線の渋谷駅プラットホームがなくなってしまったのも残念だったしね。

あれで東横線のブランド価値も地に落ちたし、

地下鉄との直通を図った結果、最も大事である山手線との連絡が困難になった。

山手線といかに最短の連絡を図るかが一番大事だってのに。

アンポンタンな東横線。

Zimg_1033a

十代の頃、東京の私鉄に乗る機会があると

その古臭さに新鮮さを覚えた。

静岡の田舎はJRぐらいしかなく

東京~大阪間である東海道は在来線でもつねに最新の設備があった。

静岡の田舎ですら自動改札など当たり前なのに

東京の都会のド真ん中で、改札に駅員がいて

切符をかちゃかちゃと手作業で切っているのが珍しくて仕方なかった。

昔の映画やテレビドラマの中にしか存在しないものだと思っていた。

静岡では電光掲示が当たり前でも、東京では

テレビのザ・ベストテンでしか見たことない、ばたばたとアナログに回る表示だったり。

Zimg_0545a

京浜急行の品川駅は良くも悪くも変化するそうで。

リニアモーターカーができると、新幹線はのぞみがなくなり、こだまが増えるかな。

この日は京浜川崎で大師線に乗り換えた。

初めて乗る路線。

地味な路線が走っている地域は、本来なら路線バスしかないような土地に

わざわざ電車があるわけで豪華です。

よく地方の僻地で廃線が問題になる。

話を聞けば聞くほど羨ましくて仕方ない。

一日の乗客が数十人しかないのに、線路もあってメンテナンスされて電車が走るのだから。

私が生まれ育った土地には電車などなく、最寄りの駅まで行くのは大変な道程だった。

市内の沼津駅より新幹線の三島駅を使う頻度が高かった。

Zimg_0658a

川崎大師駅で降りて、改札を出てすぐ目の前が

サンバカーニバルが開催される通りの入口でした。

横断歩道を渡って真正面。

初めて来る土地でしたが迷う可能性ゼロ。

川崎大師の方で開催するのかと思っていたが

駅の改札を出て真正面の通りだった。

車が一台通るのがやっとな細い商店街。

Zimg_1518a

15時から前半の部がスタート。

駅から通りを歩いていき、最奥の川中島神明神社がスタート地点。

神社の中からサンバ隊が登場し

商店街の一本道をパレードしていった。

パレードの先頭は川崎フロンターレのふろん太くんでした。

川崎フロンターレのサポーターの方もパレードに同行して撮影されてました。

Zimg_0473a

前日の花小金井は4チームのサンバが出演しましたが

そのトリだったウニアンがこのパレードに出演。

ウニアン1チームだけのささやかなパレードですが

細い一本道に観衆が大勢集まり、大変な熱狂だった。

狭い道幅に楽器演奏の方やダンサー達が入り乱れ

道の左右には何重にも観衆がおり、人口密度が高すぎた。

Zimg_0493a

30分かけて川崎大師駅前に到着。

あっという間でした。

えっ、もう終わったの?ってぐらい。

だいし、だいし!とパレードは連呼し続けた。

頑張れ大師、負けるな川崎。

アイパッドで撮影されている地元の中高年が多かったです。

やはり中高年はスマホよりアイパッドか。

以前、赤坂見附のフーターズに行ったときも

中高年の客はアイパッドで女の子を撮影していた。

Zimg_1415aw

川崎というと、少年隊の東山さんが川崎のコリアンタウンの出身で

極貧と虐待に苦しんだ少年時代を明らかにしている。

川崎のイメージはここ数十年に渡り、お世辞にも余りいいものではない。

都会だが、公害に満ちた困難な印象。

臨海部の工場地帯と比べ、山間部の豊かな自然。

麻生ののどかな光景はこことは別世界。

川崎に生きる人々。

|

« 8/27 浦和戦 エコパ陸上からIAI日本平に会場変更 | トップページ | かわさき大師 サマーフェスタ 2017 サンバカーニバル 後半の部 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/27 浦和戦 エコパ陸上からIAI日本平に会場変更 | トップページ | かわさき大師 サマーフェスタ 2017 サンバカーニバル 後半の部 »