« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

ドラえもん  東京ゲームショウ2017  幕張メッセ

Zimg_0888a

くまねさんのドラえもん。

十年以上カメコをやっていて

ドラえもんのコスプレは結構撮ってきましたが

今回のくまねさんのドラえもんは過去最高に可愛かった。

Zimg_0831aa

屋根を引っ張るダクトを見ると

ユベントスのスタジアムを思い出す。

引っ張れ引っ張れ、というとガンバの応援を思い出すが

あれは、いったれいったれ、らしい。

Zimg_0841a

幕張メッセなのだから

幕張メッセらしい絵にしたい思いはある。

ビッグサイトやTFTと同じにしか見えないのでは

幕張メッセの意味がない。

Zimg_0842a

夏は名古屋のコスサミに行ってきたが

栄のオアシスらしい絵がたくさん撮れた。

ここは名古屋だ、栄だ、と印象に残る絵。

首都圏のコスイベと同じではつまらない。

Zimg_0872aa

四次元ポケットにどら焼きを入れるというシーンは

実は存在しない。

四次元は時間軸であると勘違いされがちだが

数学的に言うと四次元は時間軸ではなく

三次元を一度に把握できる存在だ。

Zimg_0856aa

攻殻機動隊のstand alone complexを一気見している。

これまでテレビの連続アニメ版は

あえて避けてきたが、いざ見てみると余裕のあるストーリーに魅せられる。

映画と違って簡潔さがない反面、

なんでもネタを取り込める。

Zimg_0864aa

けものフレンズが炎上している。

これが第二期なのか。

リアルの世界で展開される。

Zimg_0879aa

吉崎さんの絵柄をたつきさんのCGアニメ化。

この組み合わせの奇跡がすべてだった。

たつきさん無しではけものフレンズではない。

Zimg_0855aa

こんなに育ったコンテンツがぺしゃんこに潰されてしまい残念、無念。

いくらでも金儲けしてくれれば良かったのに。

作る部分は理屈じゃなくセンスだからね。

そのセンスを削って、というか消滅させて別のセンスがあてがわれるのだろう。

良くも悪くも別物ができあがる。

Zimg_0849aa

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

東京ゲームショウ2017  幕張メッセ

Zimg_0587a

土曜日は体調を崩して寝たきりだったのですが

なんとか回復して日曜日は東京ゲームショウへ行ってきました。

千葉の幕張メッセ。

千葉ロッテの試合と重なっていて、海浜幕張駅前はプロ野球の観客も多かった。

ゲームショウも毎年通ってますね。

Zimg_0729aaa

体に無理をしないで行こうと思い、遅めの出発。

幕張メッセに着いたのは12時半。

さすがに待機列はなく、券を買ってそのまま入場だった。

ただ手荷物検査だけは相変わらず厳しく

カメラバッグのあちこちの出し入れ口を入念にチェックされた。

Zimg_0898a

9~11ホールから入場。

ゲームセンターのように暗い館内。

大掛かりなイベントステージが幾つも催され、観衆を集めている。

いざコスプレエリアに出ると屋外でも大音響が。

外階段がコスプレステージとなっており、封鎖されてイベントの最中だった。

Zimg_0825a

遅く来たつもりだが、まだレイヤーさんは少なかった。

天気が曇りがちの日だったため

奥の天井がある場所は暗かった。

いつもなら昼間だとここまで暗くないのにと思えた。

Zimg_0367a

13時半ぐらいからレイヤーさんが一気に増え始めた。

16時にコスプレエリアは終了ですので、撮影できた時間は短かめ。

今回の東京ゲームショウは一人のレイヤーさんを大勢のカメラマンが取り囲む、

いわゆる囲み撮影が禁止となった。

列に並んで一対一の撮影が前提。

限られた時間でどの列に並ぶかを悩むことに。

Zimg_1000a

列が長いレイヤーさんは、撮りたいなと思えても断念したり。

一度並んだけど数分後に離脱したり。

囲みなら、あちこちのレイヤーさんを撮れたのにと残念に思うことも。

列は長くなりがちなので、運営の指導のもと折り返したりした。

Zimg_1034a

コスプレエリア監視台というのが設けられ

囲み撮影が行われないよう見張られていた。

監視台というネーミングが物々しい。

実際に台にそう書かれているため存在感が強かった。

Zimg_0389a

終了の16時まで居ましたが、撮った枚数は少なかった。

普段のTFTやアコスタでは一対一の個撮が前提ですが

大規模イベントのコスプレエリアでは囲み撮影が当たり前。

その囲みがなくなった結果、厳選した撮影回数となった。

Zimg_0396a

東京ビッグサイトや幕張メッセの大規模イベントは

時間が短くて混雑するけど、囲み撮影であちこち気軽に撮れるのがメリット。

そのメリットが失われ、どこも長い列の個撮に。

いつもの何倍も、どのレイヤーさんを撮ろうか迷った。

Zimg_0243a

とはいえ、充実した日曜日となりました。

16時にコスプレエリアが終わったあとは、館内のコンパニオンさんも少しだけ撮影したり。

17時に東京ゲームショウ自体が終わり、通路のベンチでカメラを片付けていたら

みりんちゃんが通りかかり、そばのベンチの人らと話していた。

僕はただの空気でしたが、みりんちゃんのパワフルで笑顔な対応ぶりに

底知れない力強さを感じた。

Zimg_0283a

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

チアゴに期待できない

Zimg_1150aaaw

調子が上がってきて広島戦を見返した。

チアゴがボールを持ちあがっていく場面で、必ず広島に囲まれてカットされる。

ピンチになる。

なんとかそれを防いだあと攻撃に。

チアゴがボールを持ちあがっていくと、広島に囲まれてカットされ……以後エンドレス。

この選手に何一つ期待できない。

Zimg_1154aaw

次に対戦する大宮アルディージャも、まったく同じ対策をしてくるだろう。

チアゴが一人でボールを持ちあがるから、そこを潰せ。

小林監督の判断として、それでもいいから一発決める可能性があるチアゴを使うのだろう。

実際、一発決まらないが。

Nack5スタジアム大宮でのアウェイゲーム。

降格圏に勝ち点差4。

Zimg_1160aa

コーナーキックからニアでの失点。

センターバックは二見がポテンシャルの限界であり

これ以上プレー精度が上がるとは思えない。

いくら対策しようが何しようが、あれが全人生全能力をかけた精一杯に思える。

カヌだとさらにお粗末だろう。

フレイレだと、あの手のセットプレーは確実に防げると思うが

ドリブルで攻め込んだ相手に対し、翻弄されて終わるだろう。

やはり二見という選択肢しかない。

Zimg_1169aaa

松原と鎌田の両サイドバックは輝いている。

松原は最後までボールにしがみついてくれるし

鎌田はどうしようもなく下手だが今のチームにフィットしている。

枝村は疲労していて、終盤、楽な方、楽な方へと判断が流れてしまった。残念。

疲労して劣化するのは体力よりも頭脳だ。

Zimg_1171a

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

清水エスパルス 1-3 サンフレッチェ広島  IAI日本平

Zimg_1133aaw

得点 水本 テセ パトリック シウバ

昨晩より体調を崩して一日中寝ていたのですが

広島戦は寝ながら音だけ聞いていた。

最後に希望があり、そのあと絶望だった。

現実はいつだって厳しい。

Zimg_1141aw

降格圏が勝ち点4差に迫ってきた。

残り7試合、いくらでもひっくり返る。

今シーズンはここまで7勝。7勝では残留できない。

あと1勝。突き抜ける1勝を。

8勝目をもがきとる。

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

迷路を抜け出し

Zimg_1168aa

こじ開ける。

駆け抜ける。

高く飛ぶ。

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

土曜日はサンフレッチェ広島をIAI日本平に迎えて下位決戦

Zimg_1145aaw

横浜での天皇杯のあと

広島へは帰らず、そのまま横浜市内に残ってトレーニングしているサンフレッチェ広島。

広島へ帰るのはIAI日本平での試合が終わったあとのようだ。

キャンプを張るのに似た、集中力が生まれてそうだ。

前節、降格圏から抜け出した広島。

下位同士、残留をかけた一戦。

| | コメント (0)

芝生の上で

Zimg_1127aaw

芝生の上で繰り広げられる世界。

人々が自由に。

美しく。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

天皇杯 清水エスパルス 1-4 川崎フロンターレ  等々力陸上

Zimg_1138aw

川崎にはリーグ戦に続いて惨敗。

外国人選手に対して感じるのは、J1レベルだと日本人の俊敏性についてこられない。

J2レベルだと、まだぎりぎり反応でき、フィジカルの強さやセンスで周りを上回れる。

フレイレやカヌもJ2クラブでなら、シーズン通してスタメンで機能する気がする。

J1の日本人選手が当たり前に持つ俊敏性の高いハードルに

フレイレやカヌは限界を示す。

土曜日のリーグ広島戦、どんな形でもいいので勝利を。

清水が勝てば、私も生きる力を持てる。

| | コメント (0)

広島に勝つ

Zimg_3200at

土曜日の広島戦はJ1残留に向けての天王山だ。

上位相手に奇跡の勝利は余り望めない。

だが勝てる相手には必ず勝ちたい。

Zimg_3228at

清水はここまで7勝。

あと1勝して8勝に乗り上げれば、まず落ちないラインとなる。

それを確保できれば余裕が生まれ、さらに上位でのフィニッシュも望める。

だが7勝のまま停滞すると、最後の最後まで厳しくなるだろう。

Zimg_3235at

テセとチアゴというFWツートップが復活できそうだ。

怪我をした二人を上位相手で無理に使うのではなく

下位相手が続く終盤まで温存してきた。

必ず勝ちたい広島戦。

Zimg_3238at

サッカーは一瞬の隙で勝敗が決まるので

見れば見るほど何をどうすれば勝てるのかわからなくなってくる。

完璧に守りきり、決定機を逃さない。

これを実行するために何が必要か。

Zimg_3242at

イタリアのセリエAなど見渡すと

陸上競技場のトラック部分に後から客席を造ったところが多い。

元々の客席はそのまま空席で放置し

その内側に新たに専スタを増築する。

試合運営の設備を内包するメインスタンドだけはそのまま生かし、ピッチから遠い。

Zimg_3244at

空中からの画像を見ると

ガランドウな陸上客席部分が不気味だ。

内側のトラックに造られた客席が壁となるため、そこからは何も見えない。

現実優先の改築で不格好な妥協を受け入れる姿勢は凄い。

Zimg_3267att

ドイツのブンデスリーガではビデオ判定が導入された。

これは観客が醒めるだけなのでやめた方がいいのではないか。

ゴールシーンの興奮が裏切られる。

アメフトでは当たり前のやり方だが

サッカーの情熱と興奮が乾かされてしまいそうで怖い。

Zimg_3269att

単純で原始的な魅力。

走って蹴ってゴールを決める。

そんな痛快さが失われないように。

Zimg_3303att

| | コメント (0)

100

Zimg_2471aq

ハニーハニーのポイントカードは1ポイントが千円。

20ポイントで満了のため、2万円分で1枚のポイントカードがコンプリートする。

それが99枚目に入った。

ずいぶんな額を使ったものだ。

Zimg_2479aq

そしてこのポイントカード、

100枚溜めてもなんの意味もございません。

通し番号こそあるものの、一枚満了ごとに千円引きの券として使える他

余り意味がない。

Zimg_2525aq

100枚目に達したとき

どんな切ない場面が流れすぎるのだろう。

外神田三丁目の雑居ビル。

はぐれ者が息する場所。

Zimg_2571aq

秋葉原に逃げこんだ人たち。

救われた人たち。

今を支えられる人たち。

Zimg_2573aq

何もないのを生きるのが人生だから。

人生と同じように100枚目のポイントカードに進むのかもしれない。

Zimg_2601aq

行き場所がない人が居るところ。

ひたすらじっとする。

たまに話す。

存在が淡々とあり続ける。

Zimg_2607aq

メイドさんの笑顔に救われる。

それだけのことだけど

大切なもの。

Zimg_2618aq

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

ナインティナイン

Zimg_2748aq

ハニーハニーというメイド喫茶に通って三年半が経つ。

ちょうど私の秋葉原在住歴と同じだ。

誕生日にあちこちのメイド喫茶へ初めて行き、バースデーをやってもらったのだが

そのうちの一つだった。

また後日訪れたのはハニーハニーだけだった。

Zimg_2751aq

ハニーハニーは横浜駅前に本店があるのだが

一時期、本店へ頻繁に通っていた。

めめ、ふわり、わこ、という三人のメイドさんが秀逸で

とても楽しい時間を過ごさせてもらった。

ハニーハニーだけでなく他のメイド喫茶も含め

この三人に勝る空間を作れるメイドさんを知らない。

Zimg_2754aq

後々、めめてんとは擦った揉んだでトラブル三昧となるわけだが

メイドさんとしては未だに尊敬している。

そして非常に困った人物として記憶している。

世の中、甘くない。

Zimg_2744aq

ふわりさんとわこさんは

通ってるときはそんなに推してもいなかったのに

いざいなくなると横浜店自体に価値がなくなり

存在の大きさに気づき、驚いた。

二人のいないハニハニは空気のない真空のような場所に思えた。

Zimg_2797aqq

結局、横浜本店からは足が遠のいた。

自宅の秋葉原から遠いしね。

秋葉原店が横浜本店のようであってくれれば、とは誰しもの願いだろう。

だがそれは永久に実現されない。

より良くなろうが、悪くなろうが、同じメイド喫茶は生まれえないのだ。

Zimg_2803aq

ハニハニのポイントカードが99枚目になった。

これは100枚に達しようが、何一つ特典はない。

数を重ねても意味はない。

めめ、ふわり、わこの横浜本店にときめいていた時代。

取り戻せない過去だけに美しい。

憎たらしいほど可愛いめめてん、苦くつらいトラブル。

いなくなって気づいた、ふわり、わこの大切さ。

Zimg_2811aq

そんな強い愛情と憎しみに苛まれた横浜本店と違い

秋葉原店は終始ドライだ。

強い推しができた試しもない。

欲情も落胆も少ない。

Zimg_2817aqq

とはいえ、めいどんにバースデーチェキを大量にぶっこんでみたり

めいどんが好きなのかな。

特別親しくもないし、いつ話しても会話はぶつ切れで

記憶の続かないめいどん。

そんなめいどんが99枚目のポイントカードを更新。

Zimg_2821aq

| | コメント (0)

たまには京浜急行

Zimg_2680aq

横浜の美容院へ髪を切りに行った。

帰りの横浜駅、JRはあらゆる電車が上りも下りも止まってしまっていた。

ここまでフリーズするのは珍しい。

祝日でなかったら大勢の人が溢れただろう。

Zimg_2685aq

解消されないため、京浜急行で品川まで行った。

一旦、JRを出る際は、自動改札にスイカをタッチするだけに

差し引きゼロで済んだ。

Zimg_2688aq

京浜急行はロングシートではなく

一列に左右二席ずつ、中央通路に立ち乗りが出る混み具合だった。

だが蒲田で半分ぐらいの人が降りた。

Zimg_2713aq

品川からは山手線に乗ったが

秋葉原で降りたときも、いまだJRは不通のようだった。

結局、二時間近くも東海道線や横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線などが

動かなかったようだ。

Zimg_2719aq

メイド喫茶のポイントカードが

めいどんによって更新されて99枚目に。

このポイントカード、100枚目に到達しても

なんの特典もない。

Zimg_2855aq

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

バルセロナと楽天

Zimg_1130aw

深夜にバルセロナとエイバルの試合をぼけっと見てる。

カンプノウはわりと空いてますね。

バルセロナのユニフォームの胸には楽天のロゴなのだな。

ネット通販だと、送料のかからないヨドバシカメラがファーストチョイスになりがち。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

清水エスパルス 0-3 川崎フロンターレ  IAI日本平

Zimg_0304

完敗だった。

ACLを挟んで中二日の川崎が圧勝した。

今後、天皇杯を挟み、下位相手の試合が続いていく。

天皇杯を放棄した上で、チアゴやテセがリーグ戦で結果を出せていけたら。

Zimg_0326

広島は上位チームに勝利し、残留圏へ這い出してきた。

大宮も地味にドローでじわじわと近づいていく。

来週は平日の天皇杯はサブ面子で行くとして

週末の広島戦をガチな戦力でぶっ放さなくては未来が危うくなる。

下位相手に命がけになれる姿勢、これからの一週間、全員で積み上げる。

Zimg_0348w

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

フラダンス  その2

Zimg_3312aaa

撮影会終了後にもフラダンスが行われました。

埼玉の山奥でハワイを思う。

| | コメント (0)

ニューサンピア埼玉おごせ 水着モデル撮影会  東写  その4

Zimg_2327

今週末も撮影会が多く予定されてましたが

どうやら土日月(祝)と三連休は雨のようで。

屋外のプールで自然光を浴びたモデルさんを撮りたかった方が多いでしょうから

屋内のスタジオに開催場所が変更だと、がっかりかもしれません。

Zimg_3159a

マイケルジャクソンのPV5時間一挙放送というのを

レコーダーに入れてあるが、たまに見る。

一番輝いていたスリラーの頃より

リアルタイムで自分が十代後半に聞いていたデンジャラスの楽曲が好きだ。

JAMの刺激的なサウンド、押し殺し叫ぶような歌声はいまだに魅了される。

Zimg_2897aa

They Don't Care About UsのブラジリアンバージョンがPVにあるが

大勢で太鼓を叩く姿は面白い。

ジャニーズのアイドルがミュージックステーションで即真似ていたが

それほどインパクトがある。

Zimg_2925a

マイケルはリズムリフから楽曲を作っていくのだが

そのやり口が最後は煮詰まってしまった感はあった。

でもリズムリフが最初にありきだからこそ

体の奥底から踊りだせるようなグルーブが生まれる。

Zimg_2940aaaa

ウォナビー・スターティン・サムシングが

最も印象的なリズムリフの曲だ。

この曲で上手くいったやり口で、ずっとやり続けたかったのだろう。

この曲は歌メロより、リズムリフをずっと口ずさんでいたい。

Zimg_2953a

デンジャラスの楽曲はシングルカットされるたび

10曲ぐらいリミックスが加えられており

一枚のオリジナルアルバムをもとに100曲以上のテイクを発表した計算になる。

病的で孤独で天才。不幸な50年。

Zimg_3074a

| | コメント (0)

ニューサンピア埼玉おごせ 水着モデル撮影会  東写  その3

Zimg_2347a

最初、受付では3500円の料金を支払うのに一万円札を出したのですが

お釣りは前もって用意されていた封筒で渡された。

封筒には6500円が入っていた。

そんなところにも円熟味を感じる東写の撮影会。

参加者の平均年齢の高さ。

燃え上がる魂。

Zimg_3189a

先日はNHKで放映したジャッキーブラウンに乗り遅れてしまい、途中から見た。

事前に知ってたら録画できたのになと悔しがり

それだけのためにスカパーの映画チャンネルを契約し

本日ついにジャッキーブラウンの録画をした。

これでレコーダーに入ったわけで

リモコン操作だけでいつでもジャッキーブラウンを見られる。

盤を出し入れするのは面倒で、結局見なくなるからね。

Zimg_3084a

近年はレコーダーを買い替える際、HDDの内容を移せるようになった。

今のレコーダーに入っているものも

前に使っていたレコーダーのものが半分以上を占める。

映画や演劇がほとんど。

でも今後は自分の所持ではなく、ネット配信で見るのが主流となるのだろう。

でも所持するのも良いもんです。

レコーダーを壊れる前に買い替えていけば

死ぬまでジャッキーブラウンをリモコン操作だけで見続けられる。

Zimg_3110

深夜にココイチへ行った。

店内は極端に太った男が散らばって座っていた。

極端に太った老人が見かけられないのは

存在が消滅するわけではなく

出かけるのが困難になり、自宅や病院に居続けるせいらしい。

Zimg_3141aaa

芸人の松村邦洋さんがライザップのダイエットで30キロ痩せたそうで。

あれには一本とられた思い。

私も去年の暮れから20キロ近く痩せましたが

30キロとはやりますなあ。

松村さんは身長が低いため、現在の80キロの体重でも太め。

私もちょうど同じぐらいの体重だが、彼より20センチ近く身長が高い分、すらっとしてるかも。

Zimg_3146aaa

ライザップは気になる存在ですね。

糖質制限はまったく興味がない。

もちろん取りすぎたらよくないけど、程よく取るのがいいはず。

筋トレをしっかりすべきか考えている。

ビリーズブートキャンプをやり続けているが、軽めのダンベルを使う程度で

ほとんど自重トレーニングなんだよね。

でもそろそろガチのウェイトを使うべきかも。

Zimg_2432a

とはいえ、自宅で腕立て伏せぐらい

流暢にできるようになってからジムへ通うべきかも。

腕は最後に鍛える方がいいと言われがち。

腕を先に鍛えてしまうと、腕の力ですべてのメニューをこなしてしまい

なかなか胴体の筋肉が鍛えられないせいだ。

Zimg_2390a

初代ビリーズブートキャンプを久しぶりにやったが

大量に発汗してくたびれ果てるわりに、効果が大きいとは思えない。

逆に普段やっているビリーズブートキャンプエリートだと

そこまで疲れないわりに、筋肉に手ごたえを感じ、脂肪燃焼も効率的だ。

激しくやりっぱなしだと脂肪燃焼の効率が悪いらしい。

その点、エリートのメニューは緩急がつけられており、効率的だ。

Zimg_2438a

ノーカントリーもジャッキーブラウンも

アメリカ合衆国とメキシコの国境を挟んでの話だ。

いま現在でも北朝鮮のことが起こる前は

その国境のことが話題となっていた。

島国は接してない分、楽な気がしていたが

近年は海上や離島でごたごた多いものだ。

Zimg_2962aaa

ACLの浦和×川崎。

川崎の選手が顔面キックをかまして一発レッド。

お粗末な顛末だった。

川崎が次に対戦するのはJリーグ戦で清水。

清水は浦和とも似たような日程で対戦し、負けている。

いくら川崎が過密日程とはいえ、差がある相手と考えていたが

今回の件が動揺を生むなら、清水にも勝機はある。

Zimg_3047aa

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

ニューサンピア埼玉おごせ 水着モデル撮影会  東写  その2

Zimg_1768aaq

午前の部が終わったあと、館内のベンチでだらだら過ごしていた。

受付時に食券を販売していたカレーを食べに行く人、

売店で買ったパンを食べる人、色々。

私は自動販売機前のベンチにいたのだが

ビール缶を買って飲んでいる参加者が結構いた。

飲んでるときはいいけど、いざ午後の部が始まると潰れてしまいそうで怖い。

私は食事をすると体がしんどくなるため、ポカリを1リットル飲んだ。

Zimg_1893aaaq

なんだかんだで今年は酒を一滴も飲まないまま9月に入ってしまった。

何か良いことあったら酒を飲もうと元日に思いたち

控えていたのだが、何一つ良いことがないまま気づけば9月だ。

禁酒がこんなに続いてしまうとは。

体重は20キロ近く減ってしまった。

もういい加減、酒が飲みたいんで、何か良いことないもんですかね。

Zimg_2050aaaqq

フラダンスのあとモデルさん達の全員集合撮影。

そのあと13時40分頃より始まった午後の部。

午後も天気は良かった。

午前よりもモデルさん達が積極的に入水してくれた。

屋外プールのロケーションをいかした撮影。

Zimg_2056aaq

でまあ15時半の終了まで、ノンストップで撮影でした。

15時30分にプールのどこかで笛が鳴った。

終了の笛をもっている役員さんがいるようだ。

でも向こうは向こうということで

それぞれのモデルさんの囲みで別々にカウントダウンがなされていった。

流れ解散です。

Zimg_2065aaaqq

プールサイドを出て、ニューサンピアおごせの正面へ移動。

すると路線バスのバス停にはすでに大勢の行列。

早めに撮影を切り上げたカメラマンが多かったようだ。

私みたいに最後の最後まで撮っていると出遅れる。

どうにかなるだろうかと期待して最後尾に並んだ。

Zimg_2067aaaqq

15時40分に路線バスがやってきた。

すでに乗客が多少乗っている。

そこに次々と撮影会参加者が乗りこんでいく。

椅子が少なめの乗り合いバスなので、立ち乗りで結構詰められそうだった。

実際、ドアが閉まるかどうか、ぎりぎりまで乗り込んだ。

すし詰めのバス車内。

だがバス停に並んだ半分以上は乗ることができず。

私の二十人前ぐらいで一杯となった。

走り去っていく路線バス。

次のバスは17時まで来ない。

Zimg_2069aaq

やっぱり駄目だったかとあきらめて、荷物を抱えて館内に入った。

洗面所で顔を洗い、ベンチのソファで休んだ。

売店でアイスのソフトクリームを買った。

冷蔵庫から商品を出し、フロントに持っていくと、私が何か言葉を発する前に

フロントの男性は「150円」と即答した。

このような山奥で働く日々はどういったものだろうと考えを巡らせた。

Zimg_2074aaaq

路線バス待ちで一時間半近く。

弱りつつも、冷房の効いた館内でぼけっと座り続ける。

ニューサンピアのマイクロバスがあり、それは終始動いていたが

ツアーの団体客などを送り出すばかりで、私が乗れるものではない。

汗で濡れた服も乾いてくる。

全面ガラス張りの外には風に揺れる青々とした木々。

Zimg_2196aaaq

一時間ぐらい経った頃、

上階から着替えたモデルさん達が下りてきた。

キャリーケースを運ぶのが大変そう。

撮影会の役員の方たちと喋りつつ、アイスを食べていたり。

ニューサンピアのマイクロバスが来ると

モデルさん達と役人の方達はそれに乗って去ってしまった。

Zimg_2198aaq

昼間は大勢いた中高年の一般利用者も消え去り

モデルさんや役員も行ってしまい、閑散とした館内ロビーとなった。

後には路線バスに乗れなかったカメラマンが

死にそうにぐだついているだけ。

ロビーの片づけなどをニューサンピアの職員が始め

邪魔になりそうなので座っているベンチを移動したり。

Zimg_2266aaaq

17時ぐらいにやっと来てくれました、路線バス。

前回のバスに乗れなかったカメラマンはもっと大勢いたはずなのに

このバスに乗ったカメラマンは私を含めて少なかった。

他の人達はどうしたのだろう。

タクシーでも呼んで帰ったのだろうか。

歩いていく距離でもないし、不思議なものだった。

Zimg_2268aaq

灰色の空、夕方の田舎町をバスは走っていった。

静かだった。

十五分ほどで越生駅に到着。

越生駅ではすでに電車が待ってくれていて、乗るとすぐに出発した。

このタイミングだけは良かったな。

東武越生線の車内には窓から夕陽が差し込んだ。

Zimg_2311aaaq

乗り換えの坂戸駅では東急東横線直通を見送って、池袋どまりの急行に乗った。

ロングシートの向かいに座る背の低いおじさんは、両足を伸ばして開いていた。

窓の外は暮れていく。

日曜日のこんな時間だが、東武東上線の急行はそこそこ混んでいた。

着かないなあ、池袋はまだかなあ。

池袋を願う気持ち。

Zimg_2316aaaq

やっとこさ池袋駅に着いたら山手線に乗り換え。

東武線に乗っていたときは修行の身という態度で自制できたが

山手線に乗ると、早くアキバに着けやといらついた。

秋葉原駅に到着したのは19時ぐらいだった。

15時半に撮影会は終わったのにね。

一日で往復6時間以上。

そのわりに交通費は余りかからず。往復で2000円強。これが越生。

撮影会の参加費は3500円。

しみじみ。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

フラダンス

Zimg_1557a

午後の部は最初にフラダンスがありました。

ハワイアンのスチールギターにのせて、優雅なダンスでした。

ハワイに一度ぐらい行ってみたいもんです。

まだ沖縄にも行ったことがないです。

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

ニューサンピア埼玉おごせ 水着モデル撮影会  東京写真連盟

Zimg_0825aq

屋外プールでの撮影会は、真夏の営業シーズンには行えない。

プール開きの前とプール納めのあと、場所をレンタルできるようになり

様々な団体が集中的に開催する。

9月に入り、プール納めより一週間経った日曜日、越生(おごせ)にて

東京写真連盟の撮影会が行われた。

参加しましたが、無茶苦茶遠かったです。

Zimg_0848aq

交通費はさほどかからない。

地図で見ても、それほど都心から離れているわけではない。

でも交通網が貧弱な地域となるため、時間がとてもかかった。

朝の7時に秋葉原の自宅を出発。

山手線で池袋へ。池袋から東武東上線の急行で川越よりもさらに先、坂戸まで。

ここまで一時間半。

この坂戸から東武越生線に乗り換えですが時間がかかる。

越生(おごせ)駅に9時過ぎに着いたが、路線バスは一時間に一本あるかないか。

9時半のバスに乗り、ニューサンピア埼玉おごせに15分後到着。

受付したのが10時ぐらい。

丸3時間かかった。

Zimg_0541au

片道3時間。

3時間もあると新幹線なら、東京から大阪どころか兵庫を過ぎて岡山まで着いてしまう。

埼玉の越生に行くのは、岡山まで行くようなものなのだ。

吹田スタジアムでのアウェイゲームのために今年は大阪へ行ったが

それ以上の遠征といえる。

だが交通費は余りかからない。

一時間半も東武線の電車に乗ってたけど、運賃は700円ほど。

路線バスも200円弱。

私鉄に700円分も乗るってやばいな。JRなら結構な額になったろう。

Zimg_1437aaw

ちなみに帰りはもっと時間がかかった。

一日で往復6時間以上という苦行。

これを負担して参加する水着モデル撮影会。

勇気と根性がなければ辿り着けない埼玉の奥地、入間郡の越生町。

正直、地球の裏側、ブラジルに行くより大変だ。

そんな越生に大勢のカメラマンが集まった。

Zimg_1519a

ニューサンピア埼玉おごせはプールや体育館、テニスコート、ゴルフ練習場など

スポーツ施設を備えた宿泊施設。

宴会場や劇場などもあり、周辺はハイキングコースやゴルフ場がある。

館内のロビーは高齢の利用客で溢れていた。

団体ツアーといったところ。

カラオケと温泉入浴がセットとなった日帰りの宴会プランのようだ。

Zimg_1416aqe

天気は終始良かった。

水深の浅いレジャープール。

カーレース場のコースのように敷地を蛇行している。

ウォータースライダーもある。

プール納めから一週間経っているとはいえ、プールの水は綺麗だった。

その間、雨が降らなかったおかげかな。

こじんまりしたプールなので、移動は大変ではない。

Zimg_0594a

10時半からプールサイドで開会式。

12人のモデルさん達が登場し、マイクで自己紹介していく。

それが終わると、レフ板担当のスタッフに連れられて

モデルさん達がプールのあちこちへ散らばっていく。

カメラマンも飛散。

移動の際、浅いとはいえプールに落ちないように注意が必要。

12人のモデルさんを漏れなく撮ろうとラリーする人もいれば

お気に入りの一人をじっくり撮る人も。

Zimg_0750aaaaqqy

午前の部は武田智恵さん、午後の部は為成初音さんを多く撮った。

雰囲気がやわらかで居心地いいです。

囲んでいるカメラマンの雰囲気には左右される。

空気じゃないなと思ったら、さっと他のモデルさんへ移動するし。

そこは理屈じゃなくて本能に従う。

攻殻機動隊にたとえれば自分のゴーストに従えといったところ。

あっ、いけるな、あっ、ここは今違うな、という判断が下る。

Zimg_0521a

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

まちバースデー  ハニーハニー秋葉原

Zimg_3317

セレモニーは20時40分から始まった。

まちさんらしい、ほんわかしたバースデーでした。

まだ二ヵ月ほどの給仕ですが

これが徐々に闇を抱えていくのだろう。

Zimg_3324

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

ヴァンフォーレ甲府 0-1 清水エスパルス  山梨中銀陸上

Zimg_2859

得点 北川

やっぱスペシャルな感じがない。

ピッチに立つ全員が90分間ハードワークして

本当にチームのために献身的にプレーし続けて

でもそれだけじゃ足りない。

どこかでその献身に応えてくれるスペシャルが欲しい。

そのスペシャルの部分がテセだったり、チアゴだったりしたのだろう。今はいない。

スペシャルなしにどれほど必死に懸命にやり続けても、なかなか結果が出ない。

Zimg_2862

清水のゴール裏は完売で

オレンジサポーターが小瀬を声援で埋め尽くし

何もかも全力で燃えている。

その全力に応えてくれるスペシャルが欲しい。

Zimg_2887

清水の攻撃。

デュークと甲府ディフェンスが空中で競り合ってぶつかり

頭を抱えて立ち尽くすデューク。

だがこぼれ球に気づくと、ほとんど見ずにヒールで背後に蹴飛ばした。

それを胸トラップした北川がシュートを決めてゴール。

Zimg_2890

非常にスペシャルなシーンだった。

どんなときでも前へ放り込んでおけというデュークの習性だろうし

途中出場で漲っていた北川の姿勢が良かっただろう。

Zimg_2898

甲府は失点すると、スペシャルな部分がないのでつらかった。

それは今の清水にも言える。

最後の甲府のシュート。

ほんの1メートルぐらいの超至近距離で角田が体を張って弾いた。

プロのサッカー選手の強烈なシュートをあの距離で受けとめたのは相当痛かったろう。

そして最後の最後、攻める清水、デュークがコーナーで時間稼ぎ。

背の高い選手は足も長く、この手の時間稼ぎが上手い。

試合終了、清水エスパルスの勝利。

Zimg_2907

今シーズン、7勝目を記録。

昼間の試合で追い抜かれた札幌を、また追い抜き返した。

J1残留にはあと1勝必要だ。

勝ち点ではない。8勝が残留の目安。

あと1勝の責任を。

Zimg_2929

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

サーバルちゃん  すしざんまい

Zimg_0202aa

サーバルちゃんの登場シーンは

すしざんまいポーズだと言われております。

アキバのヨドバシには長らくすしざんまいが入っていたが

私が越してきてテナントが一掃され、消えた。

Zimg_0203aa

アキバは寿司屋が多い。

立ち食い寿司のチェーン店が駅ビルのアトレと

昭和通り口を出たところにある。

立ち食いは安さより、酔っ払いが常駐しない快適さだろう。

Zimg_0194aa

高架下の銀蔵は酔っ払いの巣窟だが

注文シートを書き、まとめて握ってもらうスタイルがいい。

全品同額のため、トロやうになどに人気が集まる。

Zimg_0198aaaa

歳のせいか回転寿司に行かなくなった。

郊外タイプの安い回転寿司があればいいが

都心は高いところばかり。

普通の寿司屋より高い回転寿司だと、回転する意味がない。

Zimg_0174a

ダイエットの基本は良いものを食べることだろう。

こんなに高価で良質なものを食べたのだから

安くジャンクなものは食べられないと自分に思わせる。

とはいえ、コンビニのジャンクフードは魅力的だ。

成分表示ばかりに気をとられ、好い加減なものを体に取りこみ続ける。

それじゃ駄目だとわかっていても、やめられない闇。

Zimg_0179a

安くて大食いしてるうちはメタボまっしぐら。

高いものを食べるという志がダイエットへ導く。

誰かに導かれ、自分で導く道。

Zimg_0186aaaa

自分は小説を十数年書き続けていて、今年もさっぱりなんだけど

今年はダイエットだけはやり遂げてやろうと。

世の中、糖質制限ブーム。

これに逆らって糖質をたらふく食べ、ビリーズブートキャンプで痩せる。

ビリーは確実に効く。

それに加えて酒を飲んでないのが大きい。

今年は一滴も飲んでない。

酒を飲みさえしなければ、どれほどジャンクフードに溺れようが

リバウンドしないのが体感としてある。

当初の目標まであと少しなんで、じっくりゆっくりやっていきたい。

Zimg_0193a

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

アコスタ チェリ サーバル けものフレンズ

Zimg_0218aaaaa

アコスタの帰りはサンシャインシティ内を通って東池袋駅へ。

地上へ出て都電の線路を渡った先にあるタンメン屋、だいはちへ。

アキバに来る前はこの土地に住んでいて

近所だったのでよく通った店だ。

入ると店のテレビで笑点をやっていた。

Zimg_0215a

味噌タンメンの大盛り、野菜増しを食べた。

相変わらず美味い。

タンメンというと中本のような激辛を思い浮かべる人が多いかもしれないが

ここはマイルドな野菜炒めラーメンだ。

Zimg_0221ee

アコスタの疲れからか、だいはちまで歩くときはしんどかった。

だが食べ終わったあと池袋駅まで歩くのは楽だった。

タンメンでパワーアップ。

グリーン大通りに繋がる日の出通りを歩いていると

左手に見慣れぬ高層ビルが。

Zimg_0064a

新たなタワーマンションが完成したようだ。

東池袋の上空を占拠する。

自分が住んでいた頃と違う町になった。

空がかき消される。

Zimg_0227ee

とはいえ、池袋はすでに多数の高層ビルがあり

新たに一つ加わったというだけだ。

サンシャインシティ自体、巣鴨プリズン跡地に立った。

いま住んでるアキバなど、部屋の窓を開けても高層ビルだらけだ。

Zimg_0237e

つねに町の景色は変わっていく。

自分が知っていた頃も

通過点の一つでしかない。

町は生き物。生まれもするし、老いていき、死滅もする。

Zimg_0243a

今年は自宅にいるとき

ノーカントリーばかりエンドレスで流していたが

最近、インランド・エンパイアに変わってきた。

見ていて思うのはセンスだ。

どれだけ情報量をつめこもうと、筋立てようと、芝居しようと

作り上げるセンスがすべてだ。

デヴィッド・リンチのセンスを楽しむ。

Zimg_0265a

けものフレンズは第五話のこはんが好きだ。

ビーバーとプレーリーがログハウスを立てる。

失敗の連続から転じて目的を達成する魅力もあるが

けものが持つ子供らしさを上手く表現している。

サリンジャー作品に通じる子供の精密な描写がある。

Zimg_0281ee

タランティーノのジャッキーブラウンが先日NHKで放送されたが

出だしを見逃してしまい録画することができず。

ジャッキーブラウンを録るだけのためにイマジカを契約してしまった。

イマジカはシネフィルWOWOWにチャンネル名が変わるそうで。

パム・グリア出演の他作品も色々オンエアされるので見てみよう。

Zimg_0253a

ジャッキーブラウンはローアングルで迫るショッピングモールでの彷徨いが魅力だ。

タランティーノ作品では同様のアングルが多い。

私のカメラワークもそれに倣って煽りを多用している。

映画に癒され生きる日々。

Zimg_0273aaaaa

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

けものフレンズ 第3話 「こうざん」

Zimg_0290a

こうざんを登る前のサーバルちゃんを再現。

このあとサンシャイン60を登っていただきました。

200メートルを越える60階の最上に到達し

無事に紅茶が飲めて充電できたようです。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

第34回 アコスタ acosta!  池袋サンシャインシティ

Zimg_0295a

9月の頭、土日に渡り、池袋のサンシャインシティでアコスタがありました。

土曜日はスルーして日曜日のみ参加。

11時台にサンシャインシティ4Fの受付に行ったが

特に混んではおらず、すぐ手続きできた。

stacaカードを持っているので身分証はいらず。

1500円を支払ってリストバンドを巻かれた。

出入りには入場証のパンフがつねに必要になり、帰るまで捨てられなくなった。

Zimg_0288qaa

日曜日は天気が良かったですが、風が強かった。

元々ビル風の強いサンシャインシティ界隈。

レイヤーさんのウィッグが空中に散らばり、衣装もめくりあがり

とても撮影できない、じっとしているのも不可能な強風に晒された。

そんなときは風が収まるのを待つのみ。

風と付き合いながらの撮影だった。

Zimg_0052a

11時半ぐらいから撮り始めて

疲れたら終わりにして帰ろうと思っていたが

結局最後までいてしまった。

17時で屋外撮影終了、17時半で屋内も完全終了ですので

他のコスプレイベントと比べ、終わりが早いのだな。

Zimg_0191wae

カメコはいつも見るおじさん、おじいさん達ばかりですが

レイヤーさんは十代の方達が多い。

なぜアコスタには若い方達が集まるのか。

参加料金は他と比べて安いといっても、それほど変わらない。

JR、私鉄のターミナルである池袋駅前で

都内や埼玉のJKが来やすいおかげだろうか。

東池袋全域をコスプレのまま散策できる良さもある。

Zimg_0230a

強風のため照明機材を倒してしまうカメコが多かった。

アコスタのカメコは照明機材を豊富に持ち歩く人が多く

ソフトボックスをつけたスタンドがあちこちで倒れまくっていた。

晴れても風に悩まされた日となった。

Zimg_0258aae

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

夏が終わる

Zimg_1313aa

散歩をしていると寄り道ばかりになり

見当違いの方向に進んでいたりする。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

C92 かざり 武装JK

Zimg_1274a

元自衛隊員のかざりさん。

9月です。

体も冷える長い雨。

Zimg_1251a

映画インランド・エンパイアをよく見ている。

広角レンズが役者の顔に張りつき

ドアップで歪んだ顔がスクリーン一杯に広がる。

Zimg_1346a

自分にとってのつまらぬ背伸びではなく

自分のセンスを最大限に。

Zimg_1358a

子供の頃、誰かの家で遊んでいたりすると

年寄りの会話が自然と耳に入ってきたりしたものだ。

人身売買の話はよく覚えている。

おしん、がヒットしたぐらい日本では当たり前の文化だった。

Zimg_1224a

飯が美味くないときは

何をやっても駄目だ。

まずはそこを整えよう。

Zimg_1231a

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »