« まちバースデー  ハニーハニー秋葉原 | トップページ | フラダンス »

2017年9月12日 (火)

ニューサンピア埼玉おごせ 水着モデル撮影会  東京写真連盟

Zimg_0825aq

屋外プールでの撮影会は、真夏の営業シーズンには行えない。

プール開きの前とプール納めのあと、場所をレンタルできるようになり

様々な団体が集中的に開催する。

9月に入り、プール納めより一週間経った日曜日、越生(おごせ)にて

東京写真連盟の撮影会が行われた。

参加しましたが、無茶苦茶遠かったです。

Zimg_0848aq

交通費はさほどかからない。

地図で見ても、それほど都心から離れているわけではない。

でも交通網が貧弱な地域となるため、時間がとてもかかった。

朝の7時に秋葉原の自宅を出発。

山手線で池袋へ。池袋から東武東上線の急行で川越よりもさらに先、坂戸まで。

ここまで一時間半。

この坂戸から東武越生線に乗り換えですが時間がかかる。

越生(おごせ)駅に9時過ぎに着いたが、路線バスは一時間に一本あるかないか。

9時半のバスに乗り、ニューサンピア埼玉おごせに15分後到着。

受付したのが10時ぐらい。

丸3時間かかった。

Zimg_0541au

片道3時間。

3時間もあると新幹線なら、東京から大阪どころか兵庫を過ぎて岡山まで着いてしまう。

埼玉の越生に行くのは、岡山まで行くようなものなのだ。

吹田スタジアムでのアウェイゲームのために今年は大阪へ行ったが

それ以上の遠征といえる。

だが交通費は余りかからない。

一時間半も東武線の電車に乗ってたけど、運賃は700円ほど。

路線バスも200円弱。

私鉄に700円分も乗るってやばいな。JRなら結構な額になったろう。

Zimg_1437aaw

ちなみに帰りはもっと時間がかかった。

一日で往復6時間以上という苦行。

これを負担して参加する水着モデル撮影会。

勇気と根性がなければ辿り着けない埼玉の奥地、入間郡の越生町。

正直、地球の裏側、ブラジルに行くより大変だ。

そんな越生に大勢のカメラマンが集まった。

Zimg_1519a

ニューサンピア埼玉おごせはプールや体育館、テニスコート、ゴルフ練習場など

スポーツ施設を備えた宿泊施設。

宴会場や劇場などもあり、周辺はハイキングコースやゴルフ場がある。

館内のロビーは高齢の利用客で溢れていた。

団体ツアーといったところ。

カラオケと温泉入浴がセットとなった日帰りの宴会プランのようだ。

Zimg_1416aqe

天気は終始良かった。

水深の浅いレジャープール。

カーレース場のコースのように敷地を蛇行している。

ウォータースライダーもある。

プール納めから一週間経っているとはいえ、プールの水は綺麗だった。

その間、雨が降らなかったおかげかな。

こじんまりしたプールなので、移動は大変ではない。

Zimg_0594a

10時半からプールサイドで開会式。

12人のモデルさん達が登場し、マイクで自己紹介していく。

それが終わると、レフ板担当のスタッフに連れられて

モデルさん達がプールのあちこちへ散らばっていく。

カメラマンも飛散。

移動の際、浅いとはいえプールに落ちないように注意が必要。

12人のモデルさんを漏れなく撮ろうとラリーする人もいれば

お気に入りの一人をじっくり撮る人も。

Zimg_0750aaaaqqy

午前の部は武田智恵さん、午後の部は為成初音さんを多く撮った。

雰囲気がやわらかで居心地いいです。

囲んでいるカメラマンの雰囲気には左右される。

空気じゃないなと思ったら、さっと他のモデルさんへ移動するし。

そこは理屈じゃなくて本能に従う。

攻殻機動隊にたとえれば自分のゴーストに従えといったところ。

あっ、いけるな、あっ、ここは今違うな、という判断が下る。

Zimg_0521a

|

« まちバースデー  ハニーハニー秋葉原 | トップページ | フラダンス »

撮影会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まちバースデー  ハニーハニー秋葉原 | トップページ | フラダンス »