« ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その3 | トップページ | ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その5 »

2017年10月 5日 (木)

ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その4

Zimg_0250a

帰りの送迎バスは1便に乗れたものの

奥の補助席ということもあり、拘束された重々しさを感じた。

バスは補助席を出すと通路が封鎖され、身動きがとれないのだよね。

一列五席の詰まった状態が続く。

いざそうなると、閉所恐怖症が復活し、腕も足も鉄条網が巻かれたように錯覚する。

逃れられない。

Zimg_0258aaqq

あの詰まりに詰まった状態が平気な人っているのかな。

満員電車で立ち乗りでも、数分おきに駅へとまったり息抜きがある。

だが観光バスの一列五席詰まりは逃げ場をなくした感覚に陥る。

囚人の護送バスとはこんな感じかと思える。

乗り合いの路線バスで通路が広ければ、立ち乗りでも開放感があるぐらいだが。

Zimg_0260aaq

バスの座席って小さいですからね。

長距離バスは一列三席独立なら乗れる。

二席ずつの一列四席だと、私の体格が四人その列に座ろうとすると相当無理。

Zimg_0274aq

埼玉のおごせへ行ったときは

私鉄だったため、ロングシートの座席が安っぽいバネで乗り心地は悪かった。

今回はJRの常磐線だったおかげで

ロングシートの座席が硬く、腰に優しかった。

Zimg_0279q

腰に優しいのが一番です。

座面が回転したり、スプリングで跳ねたり、絶対困る。

自宅の椅子もダイニング用の背もたれがある硬いものを使っている。

漫画家の人達が腰痛に悩んでいるのに

高級な回転バネ椅子を使っているのは理解に苦しむ。

回転とバネがなきゃ天国なのに。

Zimg_0142a

ノーベル賞が発表されました。

日本生まれのイギリス人、カズオ・イシグロ氏が受賞。

なかなか日本人作家は受賞しないもんですね。

町田康氏の作品をもっと翻訳していって世界に広められれば

評価が高いと思うのですが。

Zimg_0143a

土曜日はIAI日本平で静岡ダービーです。

すでにチケットは完売。

雨予報ですが、熱戦となるだろう。

と思ったら代表があるから静岡ダービーはさらに一週間後だった。

Zimg_0149q

J1昇格には定評があるが、J1残留を苦手とする小林監督。

監督の引き出しにはJ1残留はない。

だが堅固な守備サッカーは築ける。

全員がその戦術で一丸となる。

Zimg_0291aaaq

たとえ磐田に失点しても

この守備サッカーを続ける強さ。

下手に攻めて大量失点するよりも、失点しても同様の守備サッカー。

そんな愚直さが求められる。

Zimg_0292aaq

それ以外、やりようがない。

もし残留が決まれば、そのあと試合を超攻撃でやるのもいいだろう。

最後の一試合、二試合、そんなボーナスがあるかもしれない。

そのために今は良くも悪くも小林監督の意志を全員が実行して。

Zimg_0293aaq

|

« ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その3 | トップページ | ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その5 »

撮影会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その3 | トップページ | ホテルレイクサイドつくば  東写 水着モデル撮影会  その5 »