« 名古屋グランパス  プレーオフを征してJ1昇格 | トップページ | M1グランプリ 2017 敗者復活戦 »

2017年12月 4日 (月)

三保グラウンドと日本平スタジアムのピッチコンディションについて

毎年ベストピッチを受賞していた日本平。

管理をしている人たちからすれば

今そのピッチコンディションに疑惑の目が向けられているのはつらいだろう。

 

将来的にはイングランドプレミアで行われているような

3%の人工芝と97%の天然芝というハイブリッドでピッチを構成し

人工芝で区分けして天然芝の根を絡まらないようにする技術が導入されるべきなのだろう。

 

ここ数年の怪我人の多さが

ピッチコンディションのせいかもしれない。

そうでないかもしれない。

どれだけの割合かはわからない。

 

責任問題になるから結論は出ないと思う。

新スタジアム構想は以前から言われ続けているが

先立つ金はないし、たぶんこれから20年ぐらいは立たないだろう。

日本平スタジアムでずっとやっていく。

だとしたらピッチを全面的に改修することも必要になってくる。

 

やれることがわかっているのは希望でもある。

日本平のピッチも三保グラウンドのピッチも長年使ってきてお疲れであるし

改善を図る時期なのだろう。

 

来シーズンもタイトルや優勝争いを狙うわけではないし

J1定着が目標となる。

そうした上で選手補強には主眼を置かず

選手の環境を整えることを第一に考えてほしいものだ。

14位で終わり、監督が代わる可能性もあるが

選手の環境を築き上げ管理できる人物に依頼したい。

14位の身の程から希望の持てるステップアップを。

|

« 名古屋グランパス  プレーオフを征してJ1昇格 | トップページ | M1グランプリ 2017 敗者復活戦 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋グランパス  プレーオフを征してJ1昇格 | トップページ | M1グランプリ 2017 敗者復活戦 »