« ヴィッセル神戸 1-3 清水エスパルス  神戸ユニバー記念陸上 | トップページ | M1グランプリ 2017  とろサーモン優勝 »

2017年12月 3日 (日)

堀内健  IPPONグランプリ優勝

この番組はテレビを見ながら一緒に考え続けるわけです。

絵を見て一言など、そこに親子関係をもってきたか、とか

芸人さん達の目のつけどころに感心するばかり。

ものをどう見るかっていう、そこに尽きる番組だと思う。

発想よりも見方重視。ここが他のお笑いや大喜利と違う部分かもしれません。

その視点で斬るという責任、切なさ、そして笑い。

 

堀内さんと若林さんによる決勝戦のアフレコ対決。

あれは難しくて自分は良いものが浮かばなかった。

ホリケンさんが二匹のモルモットに夫婦関係を持ち込むまでは

想定内のレベルの答えだったと思う。

だが片方のモルモットが弾かれたあと、若い嫁さんという設定を出して

そのぼやきを半ば喜びながら口にする解答は見事だった。

IPPONだ。

 

川島さんの懐かしいもの絵は本当に懐かしいものばかりで

笑うというよりノスタルジックな世界に酔えた。

 

これだけ能力の高い人間たちを前にして

自分は何ができると思うと悲しくなるが

淡々とやっていくだけだ。

|

« ヴィッセル神戸 1-3 清水エスパルス  神戸ユニバー記念陸上 | トップページ | M1グランプリ 2017  とろサーモン優勝 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴィッセル神戸 1-3 清水エスパルス  神戸ユニバー記念陸上 | トップページ | M1グランプリ 2017  とろサーモン優勝 »