« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »

2017年3月5日 - 2017年3月11日

2017年3月11日 (土)

アルビレックス新潟 0-2 清水エスパルス  デンカスワン陸上

Zimg_0951a

得点 テセ 松原

新潟でのアウェイゲーム。

新潟はこの試合がホーム開幕戦となる。

フレイレがスタメンを外れ、野津田起用。

フレイレが早くも見切りをつけられた格好だ。

小林監督の戦術を理解できなければ、どんな選手もピッチに立てない。

フレイレのポテンシャルがいくら高かろうが関係ない。

その他は特別変わったところはない。

新潟に戻った川口は試合に出られず。清水ならスタメンなのにもったいない。

新潟の監督は清水FC出身の三浦。

Zimg_0959a

そして今日もまたダゾーン。

そりゃスカパーの方が良かったろうけど、2ステージ制は嫌だ。

2ステージ制を回避できればこそのダゾーン。

普段Jリーグに興味がない人にとっては、プレーオフは魅力がある。

だがシーズン通して応援してきたファンは、プレーオフに萎える。

ダゾーンは新潟と清水のエンブレム画面にしておくと

キックオフ10分前に中継が始まった。

野津田の展開力を期待してボランチに入れたと語る小林監督。

西日を浴びるバックスタンド。

Zimg_1039a

選手入場、やはり少しぎこちない動き。

だがこのおかげで2ステージ制をやめられた。

この動きとともにJリーグを。

六反は東京ダイナマイトの松田に似てるなと思ったり。

ハチミツ次郎の方ではない。

まずはセンターサークルに全選手が立ち、黙とう。

Zimg_1051a

キックオフ。

ハッピーターンと商品名が胸にある新潟。

右サイドに張っている枝村が相手ボールをカット。

わりと中盤でパスが通る反面、ゴール前の相手ディフェンスの数が多い。

テセが新潟四人に囲まれて倒されるもファウルはなし。

主審は家本。

10分ぐらい見てきて思うのは、非常にどっこいどっこいだ。

チャンスもピンチも同じぐらい。

戦術もポゼッションも同じぐらい。

どこで突き抜けられるか。

Zimg_1117a

魂のオレオレが歌い上げられるビッグスワン。

なんか今日は暑いですな。

山崎が清水陣内にボールを運んできたところで、この試合初の渦巻き。

一秒ぐらいで即解消。

清水側にある新潟の弾幕がオレンジと青の縦じまなのだが

なんだか赤と青に見えてFC東京みたい。

清水戦だからいいが、FC東京戦でもやると、まんまだな。

新潟のブラジル人が痛がって倒れるも、家本主審はゲームをとめず。

攻め続ける清水に激しいブーイング。

これは攻め続けたい。痛い痛いと誤魔化し続ければ、Jリーグの衰退だ。

Zimg_1151a

松原のクロスを新潟GKがキャッチミス。

清水のコーナーキック。だが実を結ばず。

メインスタンドの客席と屋根の間から西日がピッチに当たる。

そのエリアがちょうどゴール前となっている。

双方GKが眩しそう。

野津田のフリーキック。シュートボールはバーを叩いた。惜しい。

新潟のコーナーキック。矢野貴章がヘディングシュート。

ボールはバーを叩いた。危ないところだったが六反が押さえた。

Zimg_1186a

結局、スコアレスのまま前半終了。

どこかで一発決めれば、あとは守れそうだが、なかなかどっちもどっち。

後半キックオフ。

相手の脅威もないが、こちらも攻め手を欠く。

このままいい感じをキープするよりは、ごりごり行ける選手を早めに入れるのも手だ。

このままだと、どこかで新潟が決めて逃げられる。

Zimg_1188a

後半始まってすぐ角田がアウト。

怪我が深刻でなければいいが。

やはり前半の接触が不味かったか。

代わりに二見が入った。

ここもフレイレじゃないんだな。

角田は足を引きずっているようだ。

Zimg_1189a

金子、枝村、チョンテセ、とボールが運べたが

最後テセのフィニッシュが枠に収まらず。

この形を次々と出したい。

そのあと新潟も同様のあと一歩なシュート。

どこまでも、どっこいどっこい。

一点入れた方が勝つ。

Zimg_1200a

互いにシュートまで行くが決まらない。

新潟がハーフライン辺りからロングシュート。

前に出ていた六反は間に合わなかったが、シュートは枠に入らず。

残り30分。

元浦和の田中達也が入った。

かつて土屋のスランディングで足首が逆転した田中。

Zimg_1203a

31014人の動員。

大入りなビッグスワン開幕戦。

真っ当にやってても駄目なままだな。

どこかで破壊する力が必要。

いい感じなんだが、この停滞を突き抜けられない。

いいよね、いいよね、でぐだぐだしているうちに、どこかで新潟に決められて終わる。

それじゃ困る。

Zimg_1230a

残り20分、金子が下がって北川。

これはさらに戦術を浸透させ、いい感じにすることを求めていくのか。

ごりごり破壊していくタイプではなく、チームを整理する駒だ。

だが以外にも北川はアグレッシブにプレー。

相手のボールを奪うや、一人で果敢に攻めていく。

Zimg_1233a

右サイドの枝村からゴール前にクロス。

そのボールをテセがヘディングシュート、ゴール!

清水エスパルス先制。

新潟0-1清水。

よし、もう後は守れ守れ。

新潟相手に絶対に守り通せるという自信と責任を。

Zimg_1236a

新潟は鈴木武蔵が入った。

残り5分。

新潟のトップを務めてきたホニが下がり、チアゴが入った。

新潟はフィードが流れてゴールラインを割るパターンが多い。

何度も何度もゴールラインを割る。

間に合わないとき、清水ディフェンスに壁を作られるとき。非常によく割る。

Zimg_1282a

残り一分。

野津田が下がってフレイレが入った。

どうかバランスが崩れませんように。

90分が終わってアディショナルタイム4分に突入。

互いに大きく蹴り出す展開。

清水は前線に北川だけなのでボールを拾えず。

新潟はボールを拾えるものの、清水がどん引きなので必ず跳ね返される。

Zimg_1292a

久しぶりに清水の攻撃。

ゴール真正面にいた松原がボールを受け、シュート。

新潟GKはキャッチミスをして、そのボールをテセが追いかけたが

テセが触るまでもなく、ボールはゆるやかにゴールネットに吸い込まれた。

松原ゴール!

新潟0-2清水。

試合の勝利を決定的にした二点目。

Zimg_1298a

試合終了。新潟0-2清水。清水エスパルス勝利。

清水エスパルス二連勝!

松原が非常によく効いた試合となった。

去年もホーム日本平ではこのプレーができたが、アウェイでは全然だった。

アウェイ新潟の地でこれだけやってくれると、ありがたい。

J1のピッチコンディションはアウェイでも良好だろうし、

それが松原に追い風なのかもしれない。

J2のアウェイはひどいもんですからな。

Zimg_1308a

3節が終わって、清水エスパルスは6位。

首位は神戸。

来週は鹿島戦だが、水曜日にルヴァンカップを挟むため中二日での試合となる。

鹿島は火曜日にホームでのACLがあり、一日余裕をもって清水に対する。

ルヴァンカップは思い切った選手の入れ替えを期待したい。

去年、清水のゴールを守った植草の活躍も見たい。

| | コメント (0)

【WF2017冬】 伊織もえ 姉なるもの 千夜

Zimg_3515aaa

ワンフェスの終わり頃、駐車場に伊織さんがやってきた。

すでに半端じゃない列。

でも枚数制限かけていたので並んでみた。

最初三列並びで、三人同時撮影という形だった。

だがさらに増えてきたので、四列並びで四人同時撮影という体制に変わった。

Zimg_3494aa

特にカウントをとるとかはなく

誰もが10枚撮ったら去るというシステム。

撮ってる四人が一斉に去ることもなく、ばらばらに去っていき、後ろと交代していく。

このやり方が効率的でいいかな。

囲みにするとスタッフにとめられちゃうからね。

Zimg_3502aa

まあ、最近はなんもいいことないっすね。

毎年この時期は、去年投稿した小説が採用されなかったなとへこむ。

なんかいいことないもんすかね。

15年書いてて収穫ゼロだがや。

Zimg_3505aaa

仕方ないのでビリーズブートキャンプをやりまくって、体重を下げてます。

やればやるほど減るわい。

得るものがなさすぎるので、スマートになったるわい。

筋肉つけてスマートなら老後が楽でしょ。もうそんだけ。

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

清水エスパルス 9位 次節はアウェイで新潟戦

Zimg_8058a

新潟は現在雪真っ盛り。

毎日降雪している。

雪は金曜日まで降り続くようだが、試合のある土曜日には上がるらしい。

ピッチコンディションは悩ましいものになるだろう。

Zimg_8048a

降格の筆頭候補である清水と新潟。

悔しいがそれが識者たちの意見だし、大方の見方である。

ここでの勝利はJ1残留に大きな前進だ。

いまだPKのワンゴールだけの清水だが

ここでチームを目覚めさせるゴールを期待。

Zimg_8103a

白崎のポスターが自宅に届いた。

なかなかのローアングルぶり。

強烈なシュートをその足で。

| | コメント (0)

ハニロウBD2017  また一年乗りきったぞ

Zf1000003

若い頃は誕生日が来るたびに、徐々に老けていくのが歯がゆかった。

だが中年となった今は、なんとか一年乗りきったぞ、よしまた一年乗りきるぞ、

という意気込みを感じる。

そんなハニロウ赤羽バースデー2017。

まずはハニーハニー大宮店に帰宅。

せっかく大宮まで来てくれたのにアキバで会える私がいて申し訳ないという

しあちゃんが撮影してくれた画像。

大宮店はクリスタルな皿にケーキが載せられて提供される。

厨房さんが店内の電気も消す係をするのは大宮ならでは。

しあちゃんは厚底の靴を履いていたが、途中で靴の裏が完全にめくれてしまい

ムーンウォークをしながら裏へ消えていった。

しあちゃんがカウンターでしたが

カウンター内が狭い大宮は広いアキバと違って酒瓶をぶつけまくるような困難がなく

やりやすそうだった。

Zp1080672

ハニーハニー横浜店。

11周年の当日に行ってしまい、非常に混んでいた。

ナース姿の楓さんが色々気を使ってくれた。

めめ、ふわり、わこという三大メイドが消滅してしまい

私の中ではまったく別のもの、過去と違った店となった横浜店。

あの三人がいればこその横浜店だったし、めめ店長は魔性のメイドだった。

私のバースデーをやったあと、お店のバースデーセレモニーとなった。

11周年のセレモニーでは、代表から新規出店の意欲が話された。

11年間に五店舗出して二店舗潰しているだけに、慎重さが窺える。

川崎や千葉で失敗したわけだが、次はどこに出すのか。

その前に既存店の整備、大宮店が隠れ家すぎるのでいい加減看板ぐらい出した方がいい。

アキバで駅の反対側にもう一店とかあっても良いかもしれない。

ファミレスに例えるならサイゼリヤのようなポジションにハニハニをしたいようだ。

Zp1080753

@ほぉ~むカフェ巡りを今年も実行。

でかチェキの集合写真は見ごたえあり。

@ほぉ~むカフェはメイドさんの数が非常に多く

それを賄えるだけの来客が途切れることなくある。

観光客をターゲットにしているので禁煙なのはありがたい。

つねに外国人観光客のグループが客席の一角を占めている。

しばらくコスプレを離れている、まるこさんがメイドをやっていた。

他にもバースデーをやるお客さんはちらほら居るのですが

そんな中で去年のバースデーでも顔を合わせた方がいて、少し話したり。

@はメイドさんのテンションが高く、非現実的な世界。

マスコミで煽るような萌え萌えな接客があるのも、実はここだけ。

チェキの落描き場所がどの階でも隠されてしまっていた。

見えない方が夢の世界らしいということか。

ステージでのライブを見られたのは一度だけ。

@の口パクライブは一つの伝統芸能になってきている。

Zp1080696

ホームグラウンドたるハニーハニー秋葉原店。

2万円で1枚溜まるポイントカードが71枚目に入ってしまい、完全に闇です。

この店で四年連続でバースデー。

ダツさんの落描きが季節を描いた花模様。

アキハニの番長こと、ゆうかさんがバースデーソングを歌い上げてくれた。

あいりさんがカウンターだったため、チェキには写らずに残念。

あられちゃんは相変わらずアンポンタンでした。

Zp1080705

開店前に取材が入っていて、メイド喫茶巡りで有名な方がいたりした。

開店してからも一部の客席を使って料理の撮影等していたが

仕上がりの画像をネットで見て、なるほどな写り具合だった。

よく通っている店ほど、バースデーソングのときの雰囲気が微妙になってくるものだ。

全然通ってない店だと、周りの常連が激しく盛り上げまくるが

ハニハニとかだと、一種の気まずさに似た緊張が店内に走るのを感じる。

それもまたメイド喫茶道楽ですな。

Zp1080709

アフィリアの秋葉原店、クロニクル。

ここはバースデーの段取りがゆったりしていた。

店内を暗くするため、照明をすべて落とし、

まだ日が沈んでいなかったので全面ガラス張りのブラインドを閉じていった。

ほぼ真っ暗になった店内だが、なかなかバースデーが始まらない。

何分もそのままで他のお客さん達は、これはどうしたと困惑。

やっとバースデーが始まり、魔法使い見習いさん達が歌い上げ

終わったときは、ほっとした。

ただの暗闇時間が以上に長くて弱った。

メイドさん達と話しても、昔の学院カフェを知っている娘がおらず、時代を感じた。

60階通りの学院カフェはしこたま通ったもんです。

Zp1080714

バースデーはないのだけど、グラヴァニの誕生日特典でまりなさんとチェキ。

アキバのメイド喫茶で料理が最も充実しているグランヴァニア。

Zp1080735

もののぷにも行ってみました。

甲冑姿のメイドさん達が自分の前に固まると

迫力ありますね。

Zp1080743

最後はディアメイド。

飲み放題をうたう店は、それ以外の面でぼったくるところが多いのだが

この店の飲み放題は安全なので、お酒をたくさん飲みたい方にはお勧め。

私は長いこと一滴も酒を飲んでない。

やめてみて思うのは、私にとって酒はいらないものだったという事実。

甘いものはどうしてもたまに食べたい。

でも酒はいらないな。

Zp1080745

集合チェキは他のお客さんにカメラを握ってもらい、メイド総出演。

というわけでハニロウBD2017でした。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

ありふれた日

Zimg_2064

迫力の重低音を好んだ若い頃。

柔らかで広がりのある音を求めた頃。

クリアで繊細な音を求める今。

ONKYOのステレオはブルーノマーズの24Kマジックをほどよく演奏してくれる。

Zimg_2032

今日ぐらいはと期待するから上手くいかない。

今日は何があっても負担しようという気持ちで。

| | コメント (0)

« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »