« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

2017年6月18日 - 2017年6月24日

2017年6月24日 (土)

オービックシーガルズ  チアとファンの応援実り優勝

Z4z3a7902

試合終了間際、シーガルズスタンドで起こった残り時間の秒読みが印象的だった。

NFLは時計を回すだけになると選手達が試合を放棄してしまうが

Xリーグでは最後までやり続け

勝ちを手に入れる観客達がカウントダウンする。

負ける側も負けを受け入れやすく、東京ドームの客の大半がルールを知らないなか

よしっ、これで終わりじゃっと幕が下された。

| | コメント (0)

Xリーグチア大集合  パールボウル★ハーフタイム  東京ドーム

Z4z3a6365a

ゲーム中よりハーフタイムショウの方が

客席に大きなどよめきや歓声が上がったような気もする。

カンカン棒の音がないぶん

人々の声が東京ドーム内に響き渡る。

Z4z3a6391

深夜にノーカントリーをながら見しつつ

だらけているときは気持ちが平静だ。

荒立ちそうになる心を映像が押し沈めてくれる。

Z4z3a6476

アメリカとメキシコの国境。

麻薬の売買をするはずが、なぜか全員撃ち合いに。

人はみな死んだが大金と麻薬が残った。

たまたま通りかかった男が大金を持ち逃げ。

マフィアは殺し屋を雇って男を追わせる。

逃げる男、追う殺し屋。

たったそれだけの話。

トムとジェリーみたいだ。

Z4z3a6609a

トムとジェリーと違う点は

トムとジェリーはエンドレスの追いかけっこだが

ノーカントリーは

トムがジェリーを捕まえて食らうシーンに相当するものが存在する。

Z4z3a6647a

120分に渡り、キューブリック的な映像と音が続く。

シャイニングや2001年宇宙の旅を見ている感覚に近い。

2001年宇宙の旅も自宅でのながら見に適した映画だが

コーエン兄弟が作ったノーカントリーは

たまに訪れる刺激という点で快感がある。

Z4z3a7104

この追いかけっこを後追いし続ける年老いた保安官。

彼にとってこの世界は映画タイトルが示すように

ノーカントリー・フォー・オールド・メンだ。

しみじみ。

Z4z3a7302a

銃が下手な殺し屋は、家畜の屠殺用のエアガンを用いて

出会い続ける多くの人を殺していく。

鉛が銃口より発されるが

それは牛の頭を撃ち抜いたあと銃口に戻ってくる。

ヨーヨーみたいだ。

殺し屋はボンベを携帯しながら、人を屠殺の手段で殺していく。

Z4z3a7391a

殺し屋の持つ生きていくルール。

老保安官の嘆き。

必死に生き延び逃げ続ける男。

三人のトライアングルがアメリカとメキシコの国境付近、テキサスで繰り広げられる。

Z4z3a7399a

この映画に引きつけられるのは

内容よりもキューブリック的な映像美だろう。

必要最小限の登場人物がみな穏やかに話す。

誰も喋っていない時間が長い。

これだけで見続けたくなる。

ラストシーンもとても美しく刺激的だ。

あれがないとこの映画は無為に終わる。

意味を求めるのは無意味だ。

すべてが映画タイトルに帰結する。

この国は生きていくのに厳しい。

Z4z3a7414a

ノーカントリーを別の角度から眺めると、たとえば内容ではなく役者達で判断すると

上記とは違った価値観も生まれる。

まず主人公たる保安官を演じるトミーリージョーンズの存在。

缶コーヒーのCMでお馴染みの白人のおじさんが水先案内し続ける点で

日本人にとって映画に入りやすい。

テレビを見ない人でも自動販売機の写真や駅の広告で彼を見る機会は多く

缶コーヒーの人が出ている安心感がある。

大金をネコババして逃げる男の嫁さんが

かつて日本でもヒットしたトレインスポッティングのヒロインであるのも馴染みある。

追う殺し屋のバビエル・バルデムはあちこちの映画で見かける売れっ子だが

ボブぐらいの長髪、あの髪型が他作品の彼と完全に差別化してくれて

ノーカントリーで演じる人物に没頭できる。

Z4z3a7407a

よくわからない部分が多いのもノーカントリーであり

あえて監督が曖昧にしているわけで

見ている側が自由に考えられる、解釈をつけられるのが良さだと思う。

原作小説との対比がよく批評サイトでは語られ

映画で描かれていない部分、曖昧にしている部分を原作小説通りに解釈することが

多いようだが、それは違う。

あえて描かず、曖昧にしたものは、そこに遊びがあり、受け取り手が自由にすべきことだ。

それが不安なら、純文学的な小説や映画は見てはいけない。

読んだり見たりする側が腹を括らねばならぬのがこの手の芸術作品だ。

私も一つ、もやつく部分はある。

ネコババした逃亡男が国境を越える際、ベトナム戦争の従軍経験、二回の出兵年を語る。

そして映画の終わり近く、嫁さんの母親の葬式の際、

墓石に書かれた文からこの映画の時代が1980年なのが明確にわかる。

だが果たして、あの母親の葬式は

ネコババした逃亡男が殺された時期のすぐ後なのか

それとも多少の年月が経っているのか曖昧だ。

墓石に1980年と書いてあるし、原作が~なので1980年の話だと断定するのも手。

だがベトナム戦争が終わったのが1975年であり

映画のアメリカ合衆国内には反戦の高まりのようなものはすでに存在せず

1977~1979年ぐらいの気が個人的にはしていた。

トレーラーハウスの白黒テレビや電話ボックスの体裁が70年代な雰囲気。

1980年と断定すると、80年代という意識が高くなり

80年代というフレーズに違和感を覚える。

どっちにしろ数年の誤差だ。

でも時代の雰囲気として1979年ぐらいにぎりぎりとどまってくれると私の趣味に合う。

70年代後半を舞台にした映画。

最後の嫁殺しは墓石にある通り1980年ですが。

Z4z3a7699q

自宅でながら見する映画。

攻殻機動隊、ダーティハリー、007、2001年宇宙の旅、タクシードライバー、

サイコ、カンパニーマン、メカニック、ゾンビ、トータルリコール、ロストハイウェイ、

恐怖の報酬、セブン、パルプフィクション、スナッチ、ロンググッバイ、

トレインスポッティング、ロシアンルーレット、など。

すべてレコーダーに入っているのでリモコン操作だけで見られるのがいい。

円盤を入れる必要があるのなら面倒で見ないままだ。

ネットの映画配信はラインナップがいまいちだが、将来的にはそちらへ移行しそう。

Z4z3a7506q

デーモン閣下。

JXBのハーフタイムショーは誰がいいか考える。

小林幸子も適任な気がする。

でんぱ組を呼んでくれたら、かなりの動員が期待できる。

アイドルオタは熱心だし、付き合いがいいのだ。

またエイベックスのよくわからん若い歌手だとげんなり。

デーモン閣下がリハーサルではどんな風貌だったか気になるところ。

ふなっしーの打ち合わせには、ふなっしー不在で付き人の男性だけが参加するそうだが

いざ本番ではばっちりらしい。

東京ドームでビールを飲む人たちを見ると幸せそうだ。

私も何か良いことあったらビールを飲みたいものです。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

デーモン閣下登場  パールボウル ハーフタイムショー

Z4z3a6710

今回はデーモン閣下がゲストに起用されたパールボウル。

最近は相撲のイメージしかないですが

歌、いや悪魔の活動がメインだった。

東京ドームに悪魔がやってきた。

Z4z3a6746

わかりやすい人選で良かったです。

次は、にしきのあきらでも呼んでほしい。

| | コメント (0)

IBM BigBlue パールボウル準優勝

Z4z3a7805a

後半はIBMが必死に追い上げていき

一塁側の客席スタンドは大いに盛り上がった。

ビールもよく売れていた。

一層目の最上段で撮ったりもしていたが、隣にスーツの男性が立っていて

インカムで指示を出していた。

指示を受けたビールの売り娘達はその場所へ歩いていく。

最近はビール売りも効率化で、売り娘に指示を出すブレーンがいるんですね。

Z4z3a7824a

8年ぐらいXリーグを川崎で観戦してきて

なかなかどうして詰んできました。

川崎球場を訪れて最初の数年は

かつての細い鉄パイプが組まれただけの客席スタンドで試合を見てきた。

床も薄い金属板が組み合わされ、歩くと揺れて音が立つあれです。

ビルの工事現場では作業員のための足場が組まれますが

あの足場だけで客席スタンドを造った具合。

観戦者は少なかったし、晴天に恵まれた観戦日和なのに

客席スタンドには合計で十数人、カメコは私一人ということも。

Z4z3a7827a

まあリーグ戦が進んでいくにつれ、客数の増加もありますし

昔からの人気チームもありますし、その辺りは色々。

その頃の撮影スタイルは、最前の通路で柵前に腰を下ろし

真正面でチアを撮っていた。

必ず外付けのストロボを焚いていた。

撮るチアによって真正面で必ず撮りたかったので、場所をこまめに移動したり。

その頃の数年間は今振り返ると牧歌的でしたね。

Z4z3a7828a

客席スタンドが今ほど大きくなくて、ピッチと余裕があったし

最前の通路も狭くて障害にならず、最前列の椅子に座ってもピン撮影なら

柵と柵の間からできる具合だった。

とはいえ、通路の柵前に座って撮ってましたね。ストロボを焚きつつ。

撮りたいチアの真正面に構えて、あちこち移動して。

そんな数年間。

動画を撮られている方からは、金属板の通路を歩くとき、

そして座ったり立ったりするときは、床を揺らさないようにしてくれと注意されたり。

私はスチールしかやらず、そのあたり無頓着だったので気をつけたり。

Z4z3a7829a

そのあと川崎球場を建て替えることになり

以前の細い鉄パイプと薄い金属板が組まれた客席スタンドが撤去された。

そして新たな客席を造り始めるかと思いきや、そのまま更地で放置された。

この時期はチアの真正面で芝の上に折りたたみ椅子が置かれ

ピッチレベルの至近距離で真正面でチアを撮れましたね。

今のどんなスタジアムと比べても、あの時期が撮影には一番良かった。

Z4z3a7831a

その後、地面がコンクリートで固められ、

その上に三段の仮設ベンチシートが設置された時代が到来。

この時代も最前列に座れば、ほぼピッチレベルの至近距離でチア撮影ができ

非常に撮りやすかったです。

いつになったら新たな客席スタンドを造り出すのだろうと疑問もあった。

Z4z3a7832a

その次の時代ではメインスタンドの建設がようやく開始。

川崎球場自体が試合会場として使われず

普段のリーグ戦から東京ドームや横浜スタジアム、大井第二球技場、

アミノバイタルフィールドなどでの試合開催が増えた。

一部リーグが大井やアミノを使うので、二部リーグの試合が

客席もないただのグラウンドでの開催へと押し出されたり。

大井第二での試合はとても見やすかったし、観客の盛り上がりも川崎より良かった。

Z4z3a7835a

でまあ、そこそこメインスタンドができてきたところで

いまだ更地だったバックスタンド側だけが使用復活し

コンクリート部分の地面に三段の仮設ベンチがあり、そこで観ることに。

チアの真正面でほぼピッチレベル、至近距離で撮ることができた。

バックスタンド側は逆光ですので本来なら撮りづらいですが

ストロボ焚き放題で撮っていたので問題なし。

Z4z3a7838a

そして次の時代に入ると、ついにメインスタンド側だけ

富士通スタジアム川崎が完成しました。

バックスタンド側も工事に着手。

メインスタンド側だけの使用となり、左右の端にそれぞれのチアが位置した。

ここからですね、突然、一切の撮影ができなくなりました。

Z4z3a7870a

実は富士通スタジアム川崎となってからも、最初はなんの規制もなかった。

客席スタンド自体が大きくなり、その分後ろに客席が伸びれば良かったが

公園内に余剰のスペースがなかったため、ピッチ寄りにぎりぎりまで張り出した。

ピッチレベルではなく、嵩上げのある二階部分からの客席が

ピッチぎりぎりまで張り出したことで大幅な死角が生まれることに。

でもまあ、鉄筋コンクリートのしっかりした建物になったし

椅子もベンチじゃなく個別シートになったし、まあこれでいいかと思っていた。

Z4z3a7874a

だが突如、それまでとは桁外れの人数のカメコ、ビデコ達が押し寄せた。

あれには驚いた。

あとで知ったところでは、2ちゃんねるで富士通スタのチア撮影が良いと書き込まれ

他にイベントがなかったせいで大挙して押し寄せたそうだ。

場は途方もない混乱。

Z4z3a7875a

そして次の節からは、今の時代まで続く撮影規制が始まった。

あそこが大きな転換点でしたね。

チームのチアスタッフの方が客席にやってきて

新しいこのスタジアムでは通路で立つと他のお客さんが見えなくなるので

通路で撮りたい人は絶対に座ってくださいねと注意があり

もちろんそうしますと座っていると

Xリーグの運営の方がやってきて、全員即解散して立ち退いてくださいと指示された。

それまでは各チームによって、それぞれの撮影レギュレーションがあったわけですが

今後はXリーグの運営として全面的にNGですよということに。

客が全然いない試合でも、運営の判断は厳しく、即注意がやってきた。

Z4z3a7881a

以前の川崎球場なら最前列に座れば

柵の隙間からぎりぎり撮れる具合でしたが

新たなスタジアムは最前の通路が非常に幅広く、到底無理。

そして客席スタンド自体がさらにピッチ寄りに詰まっていて

なおかつ高さがあるのでこれも難。

何もかもできなくなりましたね。

Z4z3a7884a

そしてストロボも厳しく規制されるようになった。

毎試合、最前の通路には撮影禁止、ストロボ厳禁を伝える張り紙が貼られた。

それまでのXリーグ観戦ではありえなかった規制が次々にスタート。

これは一つには富士通スタジアム川崎という名前の通り、

富士通の川崎フロンターレがスタジアムの運営管理を始め

それまでのわりとぐだぐだで緩かった運営が終わり

Jリーグスタジアムと同じような規律ある運営スタイルが導入された影響かもしれない。

Z4z3a7886a

でまあ従うしかないわけですが、客席に座ってしまうと

高い柵が目隠しとなってしまいチアは撮れない。

最前の広い通路幅、もし通路がなかったとして客席スタンドの傾斜角のまま

通路の幅分だけ低く下っていったとして、

その地点からの高さが実質的な柵の高さ。

とんでもなく高い柵がつけられたのがわかる。

陸上競技場でこの手の造りはあるが

死角ができやすい専スタで最前に通路を造るのは予想外だった。

Z4z3a7887a

富士通スタジアム川崎は雨が降ると通路や階段が池と化し

排水がまったく行われない。

移動が困難となる。

また最前の通路の柵が外れてしまい、転落の恐れがあった。

なぜここまで施工が悪いのか。

余りに杜撰な建築に大きな疑問。

今時ここまでいい加減な造りをするのが不思議でならなかった。

Z4z3a7888a

このまま撮れないまま終わってしまうのか。

そんなときスタジアム運営側の方と話す機会が持てた。

そこで許可でもなく禁止でもなくグレーゾーンの話になってしまうわけだが

このぐらいならまあ良いでしょうという曖昧な話をした。

その後、それに基づいて撮影をすることになった。

Z4z3a7891a

過去には当たり前だったストロボは絶対やめましょうと。

選手が眩しい思いをするので。

わかりました。

客席に座っている人が柵越しにチアを見られるように

どの客席に座っている人からでも絶対に邪魔にならないよう

チア正面の柵前には出ないでください。

わかりました。

あちこちの客席を座って回り、ここから先が着席者の死角にならないというラインを認識。

Z4z3a7892a

消防法に引っかかるので通路での座りこみは絶対やめてください。

一脚、三脚の類もやめてください。

わかりました。

これらに加えてまだ色々と項目があり、それを守っていくわけですが

あくまでグレーゾーンの話なので

何かあれば御和算で即撤収ということで納得。

その後は、チア正面から外れてしまうが

最前の通路の脇から立って撮るようになった。

その後、この二年間ぐらいで試合中にストロボを焚いたことは一度もないのですが

ストロボを焚く客が現れるたび

張り紙の注意事項に違反して、私がまたストロボを焚いていたと

ネットに書き込まれる状況が現在まで続いている。

事実とは異なれど

こればっかりは過去に焚きまくっていたので言われて仕方なしといったところ。

こうした部分は負担して生きるより他ない。

Z4z3a7893a

でまあ、それが新たなスタンダートとしていくのかなと思っていたが

昨年ぐらいから、2ちゃんねるにおいて

私へのお叱りが山ほど書かれるようになった。

かつてもそうしたスレはあったのですが

カメコやビデコを増やすと揉めるし撮影禁止になるからというので

誰も余り書き込まなかったんだよね。

Xリーグのチア撮影を勧めもしないし断りもしない、情報は余り出すな。

これが常連のカメラ観戦者達にとって暗黙の了解になっていた。

Z4z3a7894a

そんな不愛想にも思えるスレに変化が。

とても親切な人達が出現した。

富士通スタジアム川崎や横浜スタジアムでの撮影を呼びかけ

この場所ならどんな感じで上手く撮れる、場所取りの様子はどうだ、など

細かく親切に書く人達が登場した。

これまでとは真逆の精神であり、親切な人には誰も敵わない。

私も敵わない。

その結果、これまでの比ではない大勢のカメコ、ビデコが集まるようになった。

2ちゃんねるを見て、次々に新たな人達が集まってくる。

今ではスレの伸び具合が半端でなく

一人一人のカメコやビデコの行動がこと細かく記載される始末。

親切な人のパワー、動員力は計り知れない。

誰も親切な人には敵わない。

おかげでスタジアムはカオスな状況に陥った。

それでまあ、私はそばに来る人達には

これこれこういう按配であり、グレーゾーンでぎりぎりやっているので

よろしくお願いしますと頭を下げて聞いてもらっていた。

最初のうちはそれで良かったが、そのうち声をかけると

うるせえ馬鹿野郎と叱られるようになってしまった。

私もそれ以上、どうにもならず、このままじゃ終わるなという不安。

Z4z3a7895a

周りの常連からも説得されました。

もう試合中の撮影はあきらめろ。

ハーフタイムのパフォーマンスだけ撮るようにしろ。

最もな正論なんですが、従ってしまうのもつらく

私がそれらの助言を無にする行動をとってしまうので

周りを失望させ、怒らせもした。

周りが言ってくることが非の打ち所のない正論ですので

私も返す言葉がないですな。

そりゃそうだ。

だがしかし、うーん、詰んできたかな。

これだけ大勢の人達がカメラやムービーを持ってスタジアムへ来るようになり

多くの人はマスクにサングラスで見るからに怪しいですし

彼らを統率する力があればよかったが、声をかけても逆に叱られる始末。

でまあ、運営の方も実際に客席へ登場し、直接指導が入り、駄目になりましたね。

Z4z3a7896a

今後はスロープや階段で撮影となるようで。

当然、柵が被りますので厳しい。

なんとかチアの後列は柵から逃れるかという按配ですが

後列は前列の方のボンボンやスティックや腕や体がつねに覆いかぶさり、

基本的には撮れないんだよね。

ムービーやってる人は動きの躍動感は得られるので、それでもまだ良いのかもしれないけど

私はスチールだけなので、いまいちだな。

そもそも出発地点からして何もかも間違っており

2ちゃんねるに大量に書かれている私へのお叱りのように

私が何もかも悪かったと落ち込むことも、体調を崩しているときはありました。

だが体調が回復すると、知るかバカと思えてくるのも事実であり、私はその程度の人間です。

独りよがりではいけないと思い、この件に関して普段通っているメイド喫茶で

何人かのメイドさん達に相談してみました。

そこで話しながら得られた解答は、どれもこれも確実に炎上するようなものばかりで

自分はできないなと思えた。

ネットのお叱りはともかく、直接面と向かって言ってくる人を裏切るのは悩ましい。

Z4z3a7908a

最も大きな変化があったのは富士通フロンティアーズの試合だろう。

川崎フロンターレのサポーター団体である川崎華族がやってきた。

同じフロンターレのサポーターでも、等々力陸上で着席観戦している人達ではなく

スタンディングで熱心に応援している団体が登場。

私も彼らにお叱りを受け、間近で怒鳴り散らされたりしました。

最初は弱ったなと思っていたが

経緯を知るとこりゃ彼らが優先されて仕方なしだとわかった。

富士通フロンティアーズの選手達が等々力陸上へ行き

川崎華族と一緒になって川崎フロンターレをスタンディング応援し

彼らと仲良くなってXリーグの試合に来てもらったんですね。

選手達が望んで実行したことであり、だったらそれがすべてだ。

良いも悪いもなく、判断する必要すらなく、それを受け入れるべきだろう。

パールボウルが終わって一区切り。

秋のリーグ戦が始まったとき、どうなるのかな。

後ろのスロープや階段からではスチールは無理。

そもそもおまえはもう出禁だよと散々言われておりますし、門前払いかもしれません。

Z4z3a7917a

ただこの八年、Xリーグのおかげで生きてこられたかと感謝は大きい。

以前、コミケのとき東京ビッグサイトで荷物も財布も盗まれてしまい

一眼レフカメラだけ首から提げて湾岸署へ行ったことがあった。

途方に暮れる私を前にして、担当した刑事さんはこんなことを言ってくれた。

自分はこれまで多くの事件を扱ってきて、様々な人間を見てきた。

そして言いたい。あなたのように趣味がある人は強いですよ。

仕事で成功しようが、財産に恵まれていようが、パートナーや家族に恵まれていようが、

頭が良かろうが、思いやりがあろうが、ありとあらゆる点で満たされていたとしても

趣味がない人は弱い。

何かあったとき、がくっと崩れてそれで終わってしまう。

逆に仕事が駄目でも金がなくてもパートナーがいなくても、頭が悪くても他人に厳しくても

趣味がある人は強い。

あなたにはそのカメラがあり、趣味がある人は絶対強く生きていける。

刑事さんにそんな話をされたのが記憶に濃い。

小説は命がけになってしまい、とても趣味とは言えない。

たとえ満足に金にならないとしても、小説を書くことは趣味ではない。

比べてカメラは趣味だ。

趣味は嬉しいし楽しい。

先日のパールボウルでは久しぶりに楽しかった。

そういえばかつては川崎球場で毎試合この楽しさがあったと思い出した。

今はもう駄目だ。

Z4z3a7918a

これほどカメラ観戦者が増えてしまったのだし、あきらめろと説得される。

年々、私の観戦マナーが悪くなっていき、八年も経って最悪となり

これじゃ駄目だと叱られるなら筋が通っている。

だが実際は、はじめの数年間が最もマナーが悪く

年々、良くなっていき、今が過去最高に観戦マナーが良いように思う。

観戦マナーがこれほど良くなったが、

それと反比例してネットには私へのお叱りが溢れ返っている。

ストロボを焚けないため性能のいいレンズを購入し、昨年の秋より使っているし

出費も負担した上で、なんとか振り落とされないように食らいついてきた。

だが悪足掻きもここまでか。

これまでで最も詰んだ状況にはある。

Z4z3a7926a

だが何もかも駄目ではなく、ダイエットは確実にこなしている。

昨年暮れより体重が16キロ減った。

筋肉量は上がり、体脂肪率も内臓脂肪値も減っている。

ビリーズブートキャンプのおかげだ。

自宅でこれをしこたまやり続け、私は体が引き締まり

今ではどのズボンもウェストがぶかぶかで、ベルトできつく締めあげる。

煙草はもとから吸わないが、酒を一切やめ、今年に入ってから一滴も飲んでいない。

すべてビリー・ブランクスのおかげだ。

他のエクササイズDVDでもやることはほとんど同じ。

だが美貌を兼ね備えた女性インストラクターはすぐ飽きる。

ビリーの魂の底から湧き出すパワー、一緒に頑張ろうという気迫が

私にエクササイズを続けさせる。

何もかも上手くいかなくてもダイエットだけはやり遂げる。

これが今年のテーマだ。

たとえ解決は見えなくても、目の前にある課題を乗り越えることで

その先の展望が見えてくる。

IBMビッグブルー、パールボウル準優勝で幕。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

天皇杯2回戦 清水エスパルス 4-1 ギラヴァンツ北九州 IAIスタ

Zimg_1257

得点 角田 長谷川 小松 竹内 長谷川

相手が格下のカテゴリーとはいえ、しっかり勝つのは大変なものです。

日曜日のJ1リーグ戦にも出場する選手が多く

コンディションを高めてもらいたい。

甲府、札幌に勝つことがすべて。

絶対に落とせない試合の前に、こうした試合があったことが選手にとってプラスとなれば。

あと沼津が京都に勝ったそうで。

テルは沼津でスタメンだったんだね。

次の天皇杯の試合は横浜じゃなく沼津でやるのかな。

平日の夜に愛鷹の山奥はしんどいですな。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

オービックシーガルズ 29-27 IBMビッグブルー  東京ドーム

Z4z3a3533aa

パールボウルトーナメントのスタンプカードが溜まり

招待チケットを持っていたので、それで入場。

東京ドームに入ると、巨人戦のときのネットが張られたままで

閉鎖してあるエキサイティングシートの前でチアのパフォーマンス。

少し残念でしたが、いつものXリーグより気楽になれていたので

まあこんな体裁もいいかなと思いながら席を探した。

真正面はやはり常連の観戦者が多かったので

上手側、外野に近い方に座った。

周りの席にカメラやビデオを持った人がいなかったし

疲れ果てた富士通スタでの人間関係は忘れて、純粋に試合にのめりこめた。

Z4z3a9372aaa

富士通スタジアムでの喧騒や人間関係に私はもうくたくたで溺れ死にそうだった。

いざ普段の常連やら、こうしたときだけやってくる業者のみなさんと距離をとると

こんなにも楽なんだと体が軽くなった。

エキサイティングシートを挟んで距離はありましたが

去年の暮れから使っている白レンズでなんとか迫る。

外野中央のオーロラビジョンを見つつ、チアも撮りつつ。

Z4z3a9394aaaa

周りが言ってくることが抗いようのない正論ですから

私は何も言えないわけですが、そんな私でもこうしてパールボウルを楽しめた。

思いきって正面から逸れて、常連からも業者からも逃げた先で孤独な楽しみ。

人間力のある人が孤独をあえて楽しむ、そんな高等なものではなく

無法者の外れ者が独りよがりになるだけ。

それでいいんじゃないか、そう思えるパールボウルだった。快楽。

| | コメント (0)

ウェルカムダンス  第39回 パールボウル

Z4z3a0098aa

東京ドームの入場ゲートで行われる恒例のウェルカムダンス。

正面の位置にはXリーグの常連の方達が多かったので

距離を置いた方が楽になれるかと思い

階段に近い側の斜め横から観覧しました。

実際に楽でしたね。

周りと上手くいってないのは事実ですし、気楽になれた。

Z4z3a1306aaaaa

ウェルカムダンスが始まるまでは不安や緊張が大きく

この場所に無事に居させてもらえるだろうかと悩んでいた。

だが終わったあとは晴れやかな心持ちになれ

ああ、別に何がどうあっても生き続ければいいのだと平静が訪れた。

穏やかな心で東京ドームへ入場。

| | コメント (0)

パールボウル優勝  オービックシーガルズ

Zp1110421

今夜は楽しかったです。

川崎では周りと上手くいかず、何をやっても駄目だなという感じだった。

必死にもがくのだけど不良消化で終わる。

その点では今夜のパールボウルは面白かった。

ゲーム内容もIBMがオービックを必死で追いかけ続け、期待と興奮に満ちていた。

周りと上手くいってないので、他の常連の観戦者達とは距離を置いて

離れた場所で観戦していたが、それが良い具合にリラックスを生んでくれた。

Zp1110435

Xリーグに関わるあらゆる人達に感謝できる、そんな夜だった。

そういえば以前はこんな楽しい気持ちで

毎試合、川崎球場に通っていたよなと懐かしくなった。

こんな楽しい気分でXリーグを見られたのも久しぶりだし

自分の中で凝り固まっていた執着も解きほぐされた。

こんなにXリーグは面白い。

ただただ感謝です。

| | コメント (0)

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »