« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »

2017年8月6日 - 2017年8月12日

2017年8月10日 (木)

世界コスプレサミット2017  名古屋・栄 オアシス21  8/6(日)

Zimg_3615

土曜日を終えたあと、名古屋駅前の東横INNでぐったり。

土曜日を一日中、汗だくで過ごして体調悪いから

ホテルでも冷房をつけなかった。

コンクリートの檻の中で、名古屋は涼しいなあとベッドに寝転がってた。

朝食でエントランス降りると寒くて仕方ないのね。

東横INNの朝食は卵焼きや肉団子などが増え、サラダもあった。

味噌汁が身に沁みる。

丸テーブルは苦手で、カウンターの隅で食べた。

Zimg_3569a

荷物を預けてチェックアウトして、東山線でいざ栄へ。

日曜日も朝8時台からレイヤーさんはいた。

全体を通していえば土曜日の方がレイヤーさんは多かった気がする。

オアシス21の半地下は同様の混み具合だが

地上の芝生に余裕があった。

囲み撮影は日曜日の方が断然増えた。

東京のイベントと違って業者っぽい人がそれほどおらず、

囲み撮影になっても東京と比べれば平和。

Zimg_3480a

えなこさんは大人気でした。

地元パワー。

力強くたくましい生き方。

えなこさんだけ東京のイベントの囲みに近い

押し合いへし合いが発生した。

でも業者っぽい人が余りいないため、おかしなことにはならなかったね。

Zimg_3434

囲み撮影だと巨大ディフューザーをつけてる人が前にいると

なかなか撮れなくて難しいですな。

リング状のディフューザーが前に来ると終わり。

コミケでもリング状のディフューザーが幅を利かせるだろうし

上手く逃げていくことができたら。

Zimg_1714aa

ゆとりさんも地元レイヤーですね。

日曜日は囲みが多かったので、ついつい長居しがちになる。

それを断ち切って、外へ撮りに行くのも楽しさ。

外は土曜ほどレイヤーさんが多くなかったけど、

芝生で寝転んだり伸び伸びした風景が広がるのがオアシスらしくて良かった。

Zimg_1766a

オアシスの半地下にあるセブンイレブンは

レジの一列並びの幅が広く、ごみ箱も用意してくれてありがたかった。

この手のイベントだと、売ることは積極的でも

普段設置してあるごみ箱を隠してしまったりするからね。

イートインスペースもあり、混雑するイベントで安心できる場所だった。

店員はほとんど外国人だった。

Zimg_0491a

半地下にいると隣のイベント会場では

音楽ライブなどが行われており、重低音や歌声が響いていた。

競艇などの企業ブースもステージ周りに並んでいたが

なぜか上空よりミストが発せられる。

カメラも衣装も濡れてしまうため、避けられたエリア。

蒸し暑くもなるし、へばっていく。

Zimg_0837a

大阪のゆりこーむさん。

土曜日も日曜日も早い時刻から登場してくれました。

カメコは最初から最後までだらだら居続けるけど

レイヤーさんは早い時間メインだったり

日が暮れてから来たりと色々。

Zimg_1020a

コスサミは名古屋市がバックについて開催している街イベントのため

コスプレエリアが栄や大須を中心に非常に広く

コスプレ姿で電車に乗っている方もちらほら見かけました。

オアシス21ではコスプレ姿のままコンビニや飲食店を利用されているので

面白い光景だった。

Zimg_1591a

いちはさん。

コスサミは三人組で来ていました。

半地下はエレベーターで地上や水の宇宙船へ上がれますが

大抵混んでしまっていて使えない。

階段はらせん状のものから、緩やかなカーブを描いた幅広なものまで幾つもあった。

階段が混むことは一度もなかった。

どれだけ大勢が半地下に来ても、階段は大量にあるからな、オアシス21。

Zimg_2390a

けものフレンズ。

がおさまがアライさんをやるのはキャラクター的に似合ってる。

シティボーイズライブがいよいよ来週からWOWOWでオンエア。

一度もWOWOW契約歴がない人は、15日間無料体験という手もあるので

是非入って見てほしい。

今のところWOWOWでは

みうらじゅんといとうせいこうのザ・スライドショーを一挙放送しているので見ている。

Zimg_2250a

バニーガール合わせ。

土曜日も日曜日も両方いらしてました。

名古屋での二日間、名古屋というか栄、栄というかオアシス21。

オアシスじゃないよ、オーエイシスだよと言われても、いいやオアシスなのさ。

すでに電波は発してないけどテレビ塔もある。

栄なのかSKE48なのか、水の宇宙船がいよいよ出発。

地球を離れ、目指すは異次元。

Zimg_0881a

コスサミ自体、とても面白い優良イベントでした。

名古屋に来て、業者がさほどおらず、おかげで囲みが安全に続く。

個撮では引き出せないような表情をレイヤーさんが見せてくれたり

囲みの良さは存分にある。

コミケで囲みとなると、業者が最前をがっつり占めて、

レイヤーさんの体に張り付くつくようにムービーのレンズを持っていくため

邪魔で仕方ない。

これと比べれば巨大ディフューザーも一脚も可愛い方、

レイヤーさんの体にあなたの腕とムービーを張りつけないでくれと願うけど

願いは届かず、現実は厳しい。

大勢で一緒に楽しんでいるのだし、我慢しろと言われればそれまで。

Zimg_5102aa

レイヤーさん自身もライティングされた夜のオアシス21。

帰りの新幹線は三列の通路側に座り

途中までは、うとうとできた。

子供もいなくて静かな車内だった。

だが静岡辺りでアナウンスが入り、

トイレに眼鏡の落し物があったことを女性の車掌が執拗に繰り返し

お心当たりの方は!お心当たりのことは!としんどいものだった。

どこに落とし穴があるか人生わからない。

| | コメント (0)

世界コスプレサミット2017  名古屋・栄 オアシス21  8/5(土)

Zimg_0488aaa

2003年から名古屋で毎年開催されている世界コスプレサミット。

コスサミに行ってきました。

コスプレイベントで遠征は久しぶり。

コミケのコスプレ広場は十年以上通ってますが

最初の数年は静岡在住だったため、毎回遠征でしたね。

青春18きっぷで毎日往復できるぐらい体力があり若かった。

Zimg_0690aa

朝一番の新幹線に乗ろうと思ったが、ぎりぎりで乗りそびれて、のぞみ3号に乗車。

一時間半で名古屋駅に着いた。

名古屋駅に着いたら小雨が降っていて、失敗した感に襲われたが

雨はすぐやみ、あとは炎天下で雨とは無縁だった。

名古屋駅前の東横INNに荷物だけ預けて、再び駅へ戻る。

東山線に二駅乗り、栄に到着。

以前、栄に来たときは、テレビ塔前のアフィリアでだらだら過ごし

観覧車のビルでSKE48の公演を見たのだった。

今回はオアシス21に集中。

Zimg_0055a

栄駅からオアシス21への行き方をいまいち把握しておらず

一度地上に上がってから、また階段を下りて半地下に戻るという面倒をやってしまった。

そのまま改札を出て真っすぐ歩けば、オアシス21の半地下会場に出られたのだ。

まだ午前8時台だったが、すでにレイヤーさんがちらほらいた。

ゆりこーむさんをこの日最初に撮影。

半地下スペースで全エリアが吹き抜けているのがオアシス21の特徴。

Zimg_1645aaa

オアシス21は地上一階がない。

半地下構造の地下部分がメインの場所。

栄駅の改札を出た先だ。

半地下エリアはそのまま地下エリアとなり、栄駅周辺の地下に広がっていく。

地下空間に一か所だけ、地上に吹き抜ける場所を作ったともいえる。

吹き抜け好きにとっては最高の場所。

Zimg_1376a

地下に雨が降ってくると面倒なので

高いところに屋根がある。

これが水の宇宙船でして、ガラス張りの天井は浅い池となっている。

夜になるとライトアップされる。

昼間から夕方にかけては、水の宇宙船はガラガラだった。

夜になってライトアップされると入場制限がかかる混み合いっぷりに。

Zimg_2208aaa

地下にはステージと客席が造られ、その余白がコスプレエリア。

コミケでいえば庭園に近い状態だった。

囲み撮影があるのはここだけ。

でも面積として狭いので、ほとんどのレイヤーさんは地上にいる。

地上に出ると直射日光が暑かった。

地下も蒸し暑かったけど、やはり日光は最強だ。

Zimg_1696a

芝生で寝てる人が多かった。

セントラルパークみたい。

オアシス21の地上部分、外周は芝生。

こちらに九割方のレイヤーさんが集まっていた。

列も何もないため、声をかけて撮らせてもらっていく。

Zimg_2065a

コスサミの全体の印象としては

コミケのコスプレエリアを空かせた感じ。

人気レイヤーさんの列もそれほど過剰に長くはならないし

多くのレイヤーさんは列などなく、声をかければ大抵撮らせてもらえた。

半地下はどうしても激混みだったが、地上は余裕のスペースで伸び伸びできた。

半地下は周りが飲食店に囲まれており、コンビニもあって便利だった。

コスプレエリアのすぐ真ん前にコンビニがあるのは助かる。

Zimg_1213a

長年、愛知県内にテレビ放送の電波を送り続けたテレビ塔。

アナログ放送終了後は、老朽化によりデジタル放送設備を設置できず

瀬戸デジタルタワーに役目が移った。

使い道がなく取り壊しも検討されたが、名古屋のシンボルとして存続が決定。

東京タワーもテレビ塔もレガシーとして21世紀を生き続ける。

Zimg_3115a

よく静岡出身というと、名古屋が近いですねと言われてしまうが、実際は非常に遠い。

東部の出身なので神奈川県のはずれという実感が強い。

静岡駅へ行くより横浜駅の方が、電車でも車でもアクセスは楽。

地図で見ると、直線距離は静岡駅の方が確かに近いが

電車はろくに本数がないし、乗り換えも大変。

車も道路が整備されていない。

東へ行くのに電車も道路もばっちりなのに比べ、西へ行くのが難儀。

静岡駅よりさらに西となると同じ県内とは思えず、浜松は遥か彼方。

Zimg_4647a

夜は水の宇宙船がライトアップされ

それを絡めて撮るのが面白かった。

床のライトアップも効果が期待できる。

フルサイズだと夜間のストロボなし撮影に強い。

Zimg_4701a

水の宇宙船にも来てみたけど

こちらは身内撮影専用という具合で、コスサミで唯一ハードルが高かった。

夜の栄の街と、宇宙船の水面、それらが混ざり合う。

声は結構かけたけど、撮らせてもらえるレイヤーさんは少なかった。

たぶん外で声をかけて、ここまで一緒に来てもらう作業ができるかどうかなのだろう。

コスサミの土曜日は朝の8時台に撮影を始めたというのに

夜の9時台までエンドレスで撮っていた。

全体として混まずに、たいして並ばなかったり、声を掛けてすぐ撮れちゃうので

やめるタイミングが見つからない。

Zimg_4769aa

帰りの東山線は関ジャニのライブ客とかち合って

最初の電車は乗れず仕舞い、次の電車に乗ったはいいが激混みでした。

女性専用車両かと思うほど、女ばかり乗車率200%超えで

なぜ男のカメコがぽつんと混ざっているのか不思議という状況。

名古屋に着くまでの二駅がどえらいしんどかったし

名古屋に着いたら着いたで、ホテルは駅の反対側だったので

名古屋駅の通り抜けもかったるかった。

宮本むなしで肉野菜を食って、東横INNで風呂入って即寝た。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

超ドSシリーズ  清水エスパルス 3-2 セレッソ大阪  IAI日本平

Zimg_4509

得点 山村 木本 金子 北川 北川

試合前、増田誓志の完全移籍加入が発表された。

次節以降、中盤での出場が期待される。

一方、チアゴだけでなくテセも負傷で出場できず。

シーズン全体を考えると、夏場の無理な出場を控えるかもしれない。

夏の超ドSシリーズが始まり、エスパルスは黒ユニフォームでプレー。

エスパルスが黒でセレッソが白。

非常にわかりやすく見やすいピッチ上。

山村のオーバーヘッドキックが突き刺さり、セレッソ先制。

清水エスパルス 0-1 セレッソ大阪

フリーキックから木本のヘディングゴールが決まり、セレッソ二点目。

清水エスパルス 0-2 セレッソ大阪

それにしても実況の人、噛みすぎだし言葉が出てこないし、異常。

何かプレーがあったとき、無言の時間が流れすぎる。

後半、長谷川悠のシュートが決まったかに見えたが、北川がオフサイドとなりノーゴール。

なぜプレーに関与してない北川がオフサイドをとられるのか非常に謎。

その埋め合わせか、その直後、清水がPKゲット。

互いの選手が荒れていたし、清水のゴール裏も沸騰しすぎやばい状況だったが

金子がサイドネットに突き刺さる見事なゴール。

清水エスパルス 1-2 セレッソ大阪

北川がペナルティエリア内でドリブル。

ボーリングのようなグランダーシュートは多くのディフェンスを潜りゴール。

清水エスパルス 2-2 セレッソ大阪

松原が左からグラウンダーのクロス、これを北川がゴールに背を向けてヒールで決めた。

清水エスパルス 3-2 セレッソ大阪

超ドSな展開となってきたIAI日本平。

残り5分、長谷川悠を下げてフレイレが入った。

攻撃を減らし守備を入れたことで、当然防戦一方になる。セレッソの猛攻が続く。

残り2分、金子を下げて村松。さらに攻撃を減らし守備増加。セレッソさらに猛攻。

90分を終えてアディショナルタイム5分に突入、北川を下げて村田が入った。

試合終了、清水エスパルス勝利

試合終了後もセレッソがプレーをし続け、無人のゴールにシュートするという謎な展開。

ただ勝つだけでなく、二失点したあと三ゴールを決め逆転勝利、超ドSな展開となった。

これぞ超ドSシリーズ。

それにしてもこの試合、ピッチも客席もあれほど荒れた中でのPK、

金子がサイドネットに突き刺すシュートを決めたのは驚嘆だった。超ドSだ。

北川は長所が伸び伸びと出せて素晴らしかった。枝村のボランチが良かった影響か。

超ドSパワーが清水を勝たせた。

順位は12位で変わらないが、6勝目をもぎ取れて、残留まであと2勝といったところ。

あと2勝の責任と義務、静岡の清水の誇りをJ1リーグで。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

最上もが でんぱ組.inc 脱退  2017・8・6  その3

Rgmeongoa

思った以上に虚脱感は強い。

すでに脱退したと発表があってから50時間ほど経ったが、深刻さが身に迫る。

地の底に沈みこむような体調。

今日は一日中、しんどくてどうにもならなかった。

コンビニに入ると冷房が強すぎてかなわない。

そういうときは体調が潰れてる。

八年前のRAVE the DAWN。

八年前の出口が見えない状況。

這い上がれない日々が突如変わった瞬間、最上もが加入。

Maongoaw

魔法少女未満のインストアが七年前の八月なのだね。

体調が最悪のなか今も小説を作っていて

いまだに何の結果も出せないけど、その行為に縋ってしまう。

でんぱ組.incがもう一度輝けるなら、楽曲がすべてだと思う。

曲を聴いただけで体が震え出すような、最高の歌を。

歌を大切に。

僕は何も作り出せないけど、でんぱ組の歌を期待する。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

サガン鳥栖 2-1 清水エスパルス  ベストアメニティスタジアム

Zimg_5055a

得点 福田 原川 長谷川

序盤に二失点。

失点シーンは最近多いパターン。

ペナルティエリアの少し外、ゴール正面、ディフェンスの枚数が足りているも

隙間を潜って撃たれたシュートが突き刺さっている。

日産スタジアムでは相手の外国籍選手の能力の高さを感じたが

同じパターンで鳥栖の日本人選手にも決められている。

大きな穴ができているようだ。

水曜日までに修正しないと確実に狙われる。

Zimg_5057a

絞りは開いてF2.8で撮った。

夜間撮影はフルサイズの強みが出る。

背景ぼけに暖かみを作れた。

鳥栖までアウェイ遠征するつもりが、名古屋までしか辿り着けなかった。

栄のオアシス21にて。

| | コメント (0)

最上もが でんぱ組.inc 脱退  2017・8・6  その2

Ejgoajgoigoia

ここまで必死に登ってきて、人気絶頂期でほぼ活動休止状態に突入。

ファンも困惑した月日が流れるなか、もがちゃんがすでに脱退したことが昨日公表された。

アイドルで売れたい女の子は多いが、その大半は才能がなく努力は無に帰する。

挑戦して苦しんで戦って努力して落胆して奮起して、

そんな年月を重ねるにつれ、誰もが徐々に見えてくる。

この世界は才能がないと駄目だ。自分は能力や価値が飛び抜けてない。

好きだから、死ぬ程努力したから、なれるわけではない。

ところがなれてしまったのが、でんぱ組.incが魅力を集めた点だったろう。

最上もがの加入が、本来終わっていたはずの地下アイドル達をスターダムに持っていった。

みりんちゃんを始め、個々のメンバーのキャラクターにスポットライトが当たり

人々を魅了してやまない。

それは本来なら売れるはずがなかった人間達がブレイクした結果だ。

普通の芸能人ではありえない、地味だが個性深い人間味を提供し続けた。

加入してから脱退するまでの五年間、

もがちゃんはメンバー内でつねに浮いたままだったし、最後まで浮いていた。

初めて握手会で、もがちゃんと接したときのことは覚えている。

手は伸びたまま握力ゼロ、顔は隠すように俯いて無言を貫き通す彼女の姿に

この商売を続ける力が彼女にあるのだろうかと不安を抱いた。

地下アイドルなどやる気がなかった娘が、どんな経緯か知らないが舞台に立たされている。

他のメンバー達は地下アイドル歴が長く、一度来たファンは絶対に離すまいと

手錠をかけるほどの強力な握手で獰猛に迫ってくるため、その差には驚いた。

そんなもがちゃんだけが爆発的にブレイクし、

地下の世界を抜けて表のメディアで活躍する存在となった。

どんなアイドルグループでも同じことが言えるが

世間一般で外向きに売れているメンバーと、ファンの間での人気には落差がある。

よくテレビに出ているあの娘がいるアイドルグループ。

そのライブではさぞや人気なのかと思って覗いてみると

実はファンの中ではそれほど突出した人気がなく、

ライブステージはメンバー内で脇役だったりする。

そんな構造も含めつつ、もがちゃんの五年間だった。

もがちゃん本人にとっても、グループにとっても、事務所にとってもマイナスでしかなく

もっと稼げたはずだったのにと落胆する人々も多いだろう。

今回の脱退はマネイジメント能力の無さが露呈した結果であり

逆にいえば五年間もよく続けてこられたと称賛に値する。

これが昔からの芸能事務所だったなら、幾らでもやりようがあったと思う。

だがそんなところからは絶対に出てくるはずのない才能だった。

でんぱ組が揃って活動できれば

今のさらに10倍、世界を驚かせることができたはずだと

関わっていた誰もが感じていただろう。

でんぱ組のファンの中では、もがちゃんの存在はさほど目立つものではないが

世間の人は最上もがしか知らない。

唯一世間に顔の知られているメンバーが消滅し、でんぱ組.incは地下に戻ったといえる。

だがマイナスからのスタートではない。

すでにでんぱ組.incという屋号は世間に通じている。

とにかく残った五人で一致団結し、

もがちゃんのスケジュールの都合で開催できなかったインストア商法も再開させ

売り上げやオリコンで結果を出し、その上で駄目なら悩めばいいのではないか。

今は何も見えなくても、そこに立ってみることで発見できる景色や展望がある。

とはいえ重い。

もがちゃん自身、地下アイドルグループに一人可愛い娘がいるという設定が消滅し

ただのタレントとして、どれだけ需要があるかはわからない。

唯一、世間で顔が売れている娘が消滅した上で、活動するグループもつらい。

でも丸五年、よくぞ戦い抜いた。

最上もがの栄光と、でんぱ組.incの軌跡と奇跡。

始まりあれば終わりあり。

そしてまた新たな始まり。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

最上もが でんぱ組.inc 脱退  2017・8・6

Zgangnaongro

もがちゃんには感謝しかない。

未来なく終わっていたはずのアキバのメイド達を

ここまで引っ張り上げてくれた。

綺麗ごとではない。

彼女達に仕事とチャンスを作ってくれた。

 

努力でも経験でもなく、才能だった。

 

もがちゃんのソロ仕事が尊重された結果、

他の五人は内輪の営業ばかりが続き、表立って活動できなかった。

一人一人ではどうしてもタレント価値が弱いが

五人が合わさって本気を見せてほしい。

 

天才が去ったあと高い下駄は脱がされ、あとは勝負があるのみ。

戦え!

| | コメント (0)

« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »