« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »

2017年9月24日 - 2017年9月30日

2017年9月28日 (木)

ドラえもん  東京ゲームショウ2017  幕張メッセ

Zimg_0888a

くまねさんのドラえもん。

十年以上カメコをやっていて

ドラえもんのコスプレは結構撮ってきましたが

今回のくまねさんのドラえもんは過去最高に可愛かった。

Zimg_0831aa

屋根を引っ張るダクトを見ると

ユベントスのスタジアムを思い出す。

引っ張れ引っ張れ、というとガンバの応援を思い出すが

あれは、いったれいったれ、らしい。

Zimg_0841a

幕張メッセなのだから

幕張メッセらしい絵にしたい思いはある。

ビッグサイトやTFTと同じにしか見えないのでは

幕張メッセの意味がない。

Zimg_0842a

夏は名古屋のコスサミに行ってきたが

栄のオアシスらしい絵がたくさん撮れた。

ここは名古屋だ、栄だ、と印象に残る絵。

首都圏のコスイベと同じではつまらない。

Zimg_0872aa

四次元ポケットにどら焼きを入れるというシーンは

実は存在しない。

四次元は時間軸であると勘違いされがちだが

数学的に言うと四次元は時間軸ではなく

三次元を一度に把握できる存在だ。

Zimg_0856aa

攻殻機動隊のstand alone complexを一気見している。

これまでテレビの連続アニメ版は

あえて避けてきたが、いざ見てみると余裕のあるストーリーに魅せられる。

映画と違って簡潔さがない反面、

なんでもネタを取り込める。

Zimg_0864aa

けものフレンズが炎上している。

これが第二期なのか。

リアルの世界で展開される。

Zimg_0879aa

吉崎さんの絵柄をたつきさんのCGアニメ化。

この組み合わせの奇跡がすべてだった。

たつきさん無しではけものフレンズではない。

Zimg_0855aa

こんなに育ったコンテンツがぺしゃんこに潰されてしまい残念、無念。

いくらでも金儲けしてくれれば良かったのに。

作る部分は理屈じゃなくセンスだからね。

そのセンスを削って、というか消滅させて別のセンスがあてがわれるのだろう。

良くも悪くも別物ができあがる。

Zimg_0849aa

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

東京ゲームショウ2017  幕張メッセ

Zimg_0587a

土曜日は体調を崩して寝たきりだったのですが

なんとか回復して日曜日は東京ゲームショウへ行ってきました。

千葉の幕張メッセ。

千葉ロッテの試合と重なっていて、海浜幕張駅前はプロ野球の観客も多かった。

ゲームショウも毎年通ってますね。

Zimg_0729aaa

体に無理をしないで行こうと思い、遅めの出発。

幕張メッセに着いたのは12時半。

さすがに待機列はなく、券を買ってそのまま入場だった。

ただ手荷物検査だけは相変わらず厳しく

カメラバッグのあちこちの出し入れ口を入念にチェックされた。

Zimg_0898a

9~11ホールから入場。

ゲームセンターのように暗い館内。

大掛かりなイベントステージが幾つも催され、観衆を集めている。

いざコスプレエリアに出ると屋外でも大音響が。

外階段がコスプレステージとなっており、封鎖されてイベントの最中だった。

Zimg_0825a

遅く来たつもりだが、まだレイヤーさんは少なかった。

天気が曇りがちの日だったため

奥の天井がある場所は暗かった。

いつもなら昼間だとここまで暗くないのにと思えた。

Zimg_0367a

13時半ぐらいからレイヤーさんが一気に増え始めた。

16時にコスプレエリアは終了ですので、撮影できた時間は短かめ。

今回の東京ゲームショウは一人のレイヤーさんを大勢のカメラマンが取り囲む、

いわゆる囲み撮影が禁止となった。

列に並んで一対一の撮影が前提。

限られた時間でどの列に並ぶかを悩むことに。

Zimg_1000a

列が長いレイヤーさんは、撮りたいなと思えても断念したり。

一度並んだけど数分後に離脱したり。

囲みなら、あちこちのレイヤーさんを撮れたのにと残念に思うことも。

列は長くなりがちなので、運営の指導のもと折り返したりした。

Zimg_1034a

コスプレエリア監視台というのが設けられ

囲み撮影が行われないよう見張られていた。

監視台というネーミングが物々しい。

実際に台にそう書かれているため存在感が強かった。

Zimg_0389a

終了の16時まで居ましたが、撮った枚数は少なかった。

普段のTFTやアコスタでは一対一の個撮が前提ですが

大規模イベントのコスプレエリアでは囲み撮影が当たり前。

その囲みがなくなった結果、厳選した撮影回数となった。

Zimg_0396a

東京ビッグサイトや幕張メッセの大規模イベントは

時間が短くて混雑するけど、囲み撮影であちこち気軽に撮れるのがメリット。

そのメリットが失われ、どこも長い列の個撮に。

いつもの何倍も、どのレイヤーさんを撮ろうか迷った。

Zimg_0243a

とはいえ、充実した日曜日となりました。

16時にコスプレエリアが終わったあとは、館内のコンパニオンさんも少しだけ撮影したり。

17時に東京ゲームショウ自体が終わり、通路のベンチでカメラを片付けていたら

みりんちゃんが通りかかり、そばのベンチの人らと話していた。

僕はただの空気でしたが、みりんちゃんのパワフルで笑顔な対応ぶりに

底知れない力強さを感じた。

Zimg_0283a

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

チアゴに期待できない

Zimg_1150aaaw

調子が上がってきて広島戦を見返した。

チアゴがボールを持ちあがっていく場面で、必ず広島に囲まれてカットされる。

ピンチになる。

なんとかそれを防いだあと攻撃に。

チアゴがボールを持ちあがっていくと、広島に囲まれてカットされ……以後エンドレス。

この選手に何一つ期待できない。

Zimg_1154aaw

次に対戦する大宮アルディージャも、まったく同じ対策をしてくるだろう。

チアゴが一人でボールを持ちあがるから、そこを潰せ。

小林監督の判断として、それでもいいから一発決める可能性があるチアゴを使うのだろう。

実際、一発決まらないが。

Nack5スタジアム大宮でのアウェイゲーム。

降格圏に勝ち点差4。

Zimg_1160aa

コーナーキックからニアでの失点。

センターバックは二見がポテンシャルの限界であり

これ以上プレー精度が上がるとは思えない。

いくら対策しようが何しようが、あれが全人生全能力をかけた精一杯に思える。

カヌだとさらにお粗末だろう。

フレイレだと、あの手のセットプレーは確実に防げると思うが

ドリブルで攻め込んだ相手に対し、翻弄されて終わるだろう。

やはり二見という選択肢しかない。

Zimg_1169aaa

松原と鎌田の両サイドバックは輝いている。

松原は最後までボールにしがみついてくれるし

鎌田はどうしようもなく下手だが今のチームにフィットしている。

枝村は疲労していて、終盤、楽な方、楽な方へと判断が流れてしまった。残念。

疲労して劣化するのは体力よりも頭脳だ。

Zimg_1171a

| | コメント (0)

« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »