« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年2月26日 - 2017年3月4日 »

2017年2月19日 - 2017年2月25日

2017年2月25日 (土)

清水エスパルス 0-1 ヴィッセル神戸  IAI日本平

Zimg_4725a

得点 橋本

快晴の日本平スタジアム。

ほぼソールドアウトした客席。

開幕戦に相応しい雰囲気だ。

やっと清水エスパルスはJ1に帰ってこられた。

清水の街はJ1の街に戻り、IAI日本平はJ1スタジアムに戻った。

Zimg_4731a

神戸の外国人選手達はスキンヘッドだ。

つるんとピッチを頭ですべりたいのだろう。

神戸サポーターも大勢詰めかけた。

わざわざ神戸からこの人数とは、開幕戦だからだろう。

Zimg_4767a

GKはJ1昇格の立役者、植草が落とされて六反が据えられた。

なんと厳しい世界か。

昨シーズン終盤の9連勝を担った鉄壁の守護神、植草。

彼のシンデレラストーリーもこれまで。

ベンチを守る。

Zimg_4771a

だが昨年の前半はJ2でベンチ入りもできなかったことを思えば

J1のベンチにいるのは出世だ。

ナビスコカップで出番が回ってきた際は、準決勝までスタメンを張り続け

そして決勝はベンチを守る、そんな人情話を咲かせてほしい。

Zimg_4772a

センターバックはユース出身の犬飼とベテラン角田。

これは昨年同様だ。

サイドバックは左に松原、そして右にいた三浦がガンバ大阪へ移籍してしまった。

ガンバではすでにACLをスタメンで戦い抜いており

そんな戦力がJ2時代の清水にいたのだなと感慨深くなる。

Zimg_4787a

ガンバ大阪へ移籍した三浦の代わりに入ったのは六平。

昨年はいまいち出番がなかったが、J1復帰と同時に本人も表舞台に復帰。

俳優である六平直政の息子。

いつか父親を超える存在に、J1の舞台をかき回せ。

Zimg_4799a

ボランチは河井。

そして相棒を組む竹内はベンチにも入っておらず

スタメンには新外国人であるフレイレが入った。

ポルトガルリーグでプレーしていた期待の選手。

Zimg_4804a

清水の鹿児島キャンプには参加していたが

労働ビザが下りないらしく、なかなか加入発表がなかった。

シーズン開幕直前でようやく完全移籍加入が発表された。

果たしてフレイレがいかなるものか。

期待したい。

Zimg_4813a

そして攻撃陣。

左のワイドに白崎、今年からは背番号10を背負う。

右には昨年スタメンだった枝村がベンチに下がり、

新戦力の野津田がスタメン入りした。

これもまだまだわからない未知なる選手だ。

Zimg_4818a

ゴールを量産してほしいFWツートップ。

まずはキャプテンであるチョンテセ。

J2リーグ得点王となった昨年。

今年もJ1で得点王だ。

だがツートップの相方だった大前が大宮に移籍。

Zimg_4827a

ツートップの相棒となったのは

昨年の最終節、途中出場から決勝ゴールを叩き出した金子だ。

昨年、大前不在時にはスタメン起用されがちだったユース出身の北川はベンチ。

北川を追いやってのスタメン入りだ。

若さあふれる小柄なストライカー、自分の未来を勝ち取ってほしい。

もし日本代表に選ばれるなら、一芸に秀でた小柄な金子だろう。

Zimg_4828a

ベンチには控えの切り札、村田がいるし

ユース出身の大御所、清水のエスパルスの北島三郎こと杉山もいる。

二見、飯田、そしてGK植草。

ベンチから飛び出したときには、スタメンを勝ち取るプレーを見せてほしい。

Zimg_4871a

ヴィッセル神戸はなんといっても昨年のJ1リーグ得点王、レアンドロの存在だ。

J2得点王のチョンテセとJ1得点王のレアンドロが一騎打ち。

最高の開幕戦カードとなった。

眩しいぐらいに照り付ける日差し。

Zimg_4876a

キックオフ。

清水は前半、太陽を背中に背負って戦う。

後半には逆光で眩しくなるだけに、前半にゴールを決めたい。

清水は新しい迷彩オレンジユニだ。

J1の清水。

Zimg_4912a

ファーストシュートはチョンテセ。

枠を大きく外れてしまったが、とにかく撃っていこう。

バックスタンドにはオーロラリボンが設置されている。

Zimg_4914a

清水のフリーキック。

蹴るのは金子。

背が低いのでセットプレーでは後ろに下がるわけだが

フリーキックを任されるようになった。

上がったボールは笛が吹かれておじゃん。

Zimg_4916a

25年目のJリーグ。

93年、94年のJリーグブームはもう戻ってこない。

だが今目の前にあるこの満員のIAI日本平スタジアム。

すべての答えがここにある。

Zimg_4920a

神戸のニウトンがぶっ倒れている。

とんとんとんとんワシントーンというブラジル人選手が昔いたが

ニウトンも似たような名前だけに気になる存在だ。

Zimg_4922a

松原は金髪を通り越して白髪なほど。

そういえばダゾーンの放送が始まったんですな。

ダゾーンをご覧の皆様はいかがでしょうか。

私はドコモユーザーなので1000円かからずにだぞーんを見られるわけですが

アプリがない。

Zimg_1612a

開幕ぎりぎりになって買おうと思ったら売り切れ。

新しいファイアスティックは4月以降の発売。

うちのテレビやレコーダーでも、ほとんどのアプリは揃ってるのにダゾーンはない。

ここに金を使えよと思う。

広告打ってる場合じゃなかろう。

Zimg_1622a

パソコンから直接繋げばいいじゃんという意見もあるが

そうすると見ながらパソコンができないな。

それは困る。

Zimg_1645a

アウェイの二階ゴール裏もホームエリアがぎっしり詰まっている。

階段の踊り場にも大勢の客達。

六平からのクロスをテセがヘディング。

GKに防がれたが、このやり口を積極的に繰り返したい。

Zimg_1663a

ここまで見てきてフレイレの対人の強さが目立つ。

でかいね。

身長以上に体つきが骨太でタフだ。

Zimg_1679a

真っ白なアウェイユニの神戸。

白崎が蹴って出して神戸のコーナーキック。

神戸はこのチャンスをいかせず、清水のゴールキック。

Zimg_1713a

筋トレを私も行っているが、食事との関係性が悩ましい。

食事から時間がずいぶん経ったあとやると

血糖値の関係かふらつく。

だが食後二時間以内ぐらいにやると

胃腸がどよんどよん暴れて気持ち悪くなる。

いいタイミングとはいつだろう。

Zimg_1792a

清水のゴール裏は、おーれーおーれーとグリコが歌われる。

これこそ元祖清水の応援ソング。

魂の歌。

勇気と力。

Zimg_1797a

客席スタンドは隅の隅まで満員だ。

日本平は死角席だらけであり

ピッチの半分も見えない席が多い。

そんな席までも埋まっている。

Zimg_1812a

日本平はJリーグが誕生する前からあった施設。

これがあるおかげで清水はオリジナル10に入れた。

その後、無理な増築を繰り返し、客席は増えたものの死角席だらけ。

ライセンスをクリアするため、誰も望まないエレベーターを

客席をぶち抜いて造り、さらに死角席だらけにしたり。

そんな日本平を愛し、ともに生きていく。

Zimg_1821a

バックスタンドの最後列の通路にもずらりと立ち見が並ぶ。

どこまでも客客客。

超満員の日本平。

まるで岡崎フィーバーに沸いていたときのようだ。

Zimg_1823a

神戸のカウンター。

それを松原が必死に食い止めた。

やったぞ、松原。

存在感を見せつけろ。

Zimg_1828a

ここで横浜と浦和の試合が終了。

横浜がアディショナルタイムに決勝ゴール。

浦和は負けのスタートとなった。

団子状態のJリーグ。

Zimg_1832a

神戸がペナルティエリアのすぐ外、美味しい位置からフリーキック。

渡辺が蹴ったボールはゴールの枠、左下隅へ向かう。

右利きのゴールキーパーが最も苦手とする場所。

だが六反はセーブ。

ここまで簡単なボールタッチを繰り返したことで、調子が上がっており

この難所を防げたと思う。

Zimg_1837a

あと一歩でやられるという部分で

センターバックの角田や犬飼がカットしている。

つねにつねにそこが勝負ですな。

攻める以上、守りは薄くなる。

最終ラインで角田や犬飼が100パーセント踏ん張りきる。

Zimg_1875a

攻めてるとき、神戸にボールをカットされても

金子がしつこくまとわりついてカウンターを防ぐ。

無理に攻めない、もしくは迫られない神戸。

Zimg_1879a

客席がアップになると、その年齢層の高さに圧倒される。

70歳未満は若者扱いの日本平。

80歳を越えてようやく高齢者。

年寄りがシーズンシートを買って全試合見に来る日本平。

この高齢パワー。

Zimg_1884a

前半終了。

清水0-0神戸。

テセが着地の際、相手に踏まれたか少し足を引きずっている。

ハーフタイムへ。

ホースが出され、ピッチに水が撒かれる。

芝は短く、水も撒いてボールが滑りまくる日本平。

Zimg_4717a

後半キックオフ。

後半は西日を浴びて眩しい戦いを強いられる清水。

相手のペナルティエリアに入れば客席スタンドの影に入るので眩しくない。

だがGK六反は延々と眩しいまま、

守備が前半よりきつくなる。

Zimg_4590a

歴代の監督はこうしたデーゲーム、陣地を逆にとることが多かったが

小林監督はそれをやらない。

前半にゴールを決めたい思いが強いからだ。

だがスコアレス。

ちと厳しいが、がんばれ清水。

Zimg_4580a

左サイドテセからクロス。

中央の金子に通るが、上手くシュートに持っていけない。

神戸にカットされた。

Zimg_4595a

フレイレはいい感じでチームに馴染んでいる。

でかいので目立つ。

だがイエローカードもすでに貰っている。

Zimg_4606a

神戸の攻撃。

ゴール前にルーズボール。

六平がこれをクリアしようとするも

蹴ったボールがまさかまさか後ろに行ってしまった。

ボールはポストを叩いた。

跳ね返ったボールをGK六反が飛び込んでキャッチ。

非常に危うい場面だった。

Zimg_4609a

六反はボールを抱えたまま

ポストに感謝するようにポンポン叩く。

ラインを割るとゴールになるだけに、これ自体も危ういプレーだ。

Zimg_4615a

後半始まってから押され気味な清水。

だが押されているときほど、逆にチャンスはある。

眩しいなかでの後半だが勝つぞ。

Zimg_4622a

オフィシャルのユニフォーム販売は

長袖を買うことが多いのですが

今年は長袖の販売がないそうで。

長袖が売り切れないなら、オーダーを募ってその数だけ売ればいいのに。

Zimg_4665a

シーズンが始まって新ユニフォームを買うことがまったくできない清水。

売り切れだそうな。

買いたいファンは多いはずだが。

変なものだ。

人気クラブだろうが不人気クラブだろうが

ユニフォームぐらい、どんなサイズでもどんなスタイルでも普通に売っている。

清水ぐらいだろうな、こんな状況。

Zimg_4680a

オーロラリボンではキヤノンのパワーショットが宣伝される。

もっとも縁がない中級機。

コンデジでもなく一眼レフでもない。

どの辺のユーザーがあれを欲するのだろうか。

Zimg_4685a

レアンドロが野津田のアキレス腱を蹴飛ばし

これ自体はレアンドロのファウルだが

なぜかレアンドロの方が倒れてしまった。

担架にのせられピッチを出るレアンドロ。

顔を抑え、かなり痛そう。

よくわからん怪我の仕方だ。

Zimg_4690a

このタイミングでアキレス腱を蹴られた野津田は

特に怪我もしてないがアウト。

代わりに村田が入った。

残り30分。

Zimg_4700a

村田は昨年、いまいちだった。

だがJ1相手ならあのドリブルが効く。

絶対効く。

Zimg_0944a

ここまでスコアレスで来ているが

残り時間、走らされているほうがやられる可能性が高い。

だがその視点で考えても

五分五分な気がする。

Zimg_0948a

松原が左サイドをドリブルで攻め込む。

神戸ディフェンスに取り囲まれるも、フィードを出す。

白崎に通ってシュートを撃つも掻き出される。

コーナーキック。

これは実らず。

Zimg_0959a

キャプテンマークを巻くテセ。

J2時代の無双ぶりは発揮していない。

だが残り時間、テセのスタミナが力を出す。

Zimg_1017a

松原から攻撃が繰り返される。

だがゴール前での連携がどうしても上手くいかない。

大前の不在が浮き彫りになる。

それを吹き飛ばせ。

Zimg_1026a

神戸のコーナーキック。

神戸のシュートを六反は弾くも

こぼれ球を神戸に決められた。

神戸先制ゴール。

清水0-1神戸。

Zimg_1028a

やはり厳しいJ1。

コーナーキックで決められるのはポテンシャルの差でもある。

神戸の高いポテンシャルが発揮された。

満員の日本平で負けてはいけない。

Zimg_1101a

残り20分。

金子が下がり、ユース出身の北川。

昨年は北川スタメンが多い印象だが、このJ1開幕戦、金子スタメンとなった。

北川の奮起が見たい。

Zimg_1189a

こんなときに指笛を吹いている場合ではない清水ゴール裏。

だが指笛は鳴り響く。

いくら応援ソングにのせても、選手への罵倒侮辱でしかない指笛。

そんな現実とともに生きる日本平。

Zimg_1196a

神戸はゴールを決めた橋本がアウト。

怪我があったようだ。

残り15分。

Zimg_1289a

松原にイエローカード。

神戸の攻撃をファウルでなければ止められない。

神戸の時間が続く。

Zimg_1300a

神戸のフリーキック。

フレイレがクリア。

高さで勝てるフレイレを下げるのか。

小林監督の判断やいかに。

Zimg_1449a

神戸のシュートが続く。

セーブする六反。

北川は入ったものの、いまだボールに絡めない。

Zimg_1463a

村田が右サイドを抜けた。

最高のチャンス。

村田から中央にボールを出したが

白崎はシュートを撃てず。

最高のチャンスは消えた。

Zimg_1495a

残り10分。

フレイレを下げて枝村が入った。

守備を捨てた判断。

ゴールが欲しい。

枝村はさっそくコーナーキックを蹴る。

なかなか実を結ばない。

Zimg_1518a

残り5分。

この苦しい時間帯、最後まであきらめず。

負けるためにJ1に上がったわけじゃない。

最後まで、最後まで。

Zimg_3943a

ただ勝てないというのではなく

一点もゴールを決められないのはつらい。

無限にゴールが決まらない印象がつく。

なんとか一点を。

Zimg_3964a

テセのまともなシュートが全然見られない。

これがJ1か。

テセが強引に暴れられるJ2ではない。

守備ががちがちに固いJ1。

穴がない。

Zimg_3973a

清水は攻められず、神戸が人数をかけない攻撃で時間を稼ぐ。

じれったい戦い。

神戸は無理にゴールへ向かわず、サイドライン際で時間を使い

確実にマイボールにする。

Zimg_3988a

90分が終わった。

後半アディショナルタイムに突入。

犬飼が前に上がるも活躍場がない。

Zimg_3995a

後半アディショナルタイムは四分。

アタッキングサードまでボールを運べない。

ゴールキックを繰り返しては中盤でボールをとられ

神戸の無理しない攻撃が続く。

Zimg_4002a

これがJ1。

久しぶりに相手陣内に入るも、掻き出される。

縦ポンのロングフィードを繰り返す。

だがシュートできない。

Zimg_4036a

残り一分。

最終ラインが誰もボールを上げられず、ボールを回し続ける。

末期症状。

お手上げだ。

Zimg_4068a

試合終了。

清水敗北。

清水0-1神戸。

苦い開幕戦となった。

Zimg_4110a

最後の最後、最終ラインでボール回しをしてしまい

縦ポンのロングフィードを上げることすらできなかったのは痛い。

メンタルで負けてしまった。

テセはまるで機能しなかった。

Zimg_4131a

17861人の動員。

大勢が清水を応援しに日本平に集まったが、結果は出せず。

たとえ負けても、たった一度のゴールがあれば救われるのだが

苦いだけの試合となってしまった。

Zimg_4181a

今後、フレイレが守備だけでなく、攻撃でどう絡んでいけるのか。

彼の体の大きさ、フィジカルの強さはよくわかった。

それはフィードの精度や足の速さといった要素と並ぶ、素晴らしい強みだ。

でかいのがいるだけでどうにかなる。

フレフレ、フレイレ。

Zimg_4279a

大前は移籍した先の大宮で敗北スタート。

清水も大前もどっちもろくでもない。

清水は苦しさで一杯の開幕戦となったが

なんとか次は今シーズン初のゴールを見たい。

Zimg_4302a

まあ、神戸のゴールがオフサイドだったのではという試合後の意見も多いが

あれだけの混雑のなか、線審が見逃すのもまたサッカー。

神戸選手がペナルティエリア内で倒されたとき、ノーファウル判定だったことで

プラマイゼロと考えるのが妥当だろう。

やはり清水が一点もとれなかったことが問題だ。

Zimg_4317a

一週間後はアウェイ広島。

広島で勝利してくれることを願う。

どんな形でもゴールを、どんな形でも勝利を。

Zimg_4329a

鳥栖はGKに権田。

海外の非常に下部なリーグから帰ってきたのだな。

だが大量失点。

どうなる権田。

Zimg_4386a

鳥栖にいた林はFC東京に移った。

川島はフランスでベンチ外のようだが

もう闘う気力はないのだろうか。

残念な活動ぶりだ。

Zimg_4397a

まだ日曜日開催のカードが残ってはいるものの

第一節を終えて、柏が首位。

権田が大量失点したおかげだね。

Zimg_4408a_2

清水はゆっくりやってくしかないな。

リーグは長い。

Zimg_4416a

日曜日の試合も終わり、第一節の結果がすべて出そろった。

首位は柏レイソル。

清水エスパルスは14位のスタート。

最下位は大前が移籍した先の大宮アルディージャだ。

14位から徐々に上向いていきたい。

Zimg_4430a

昨年お世話になったJ2リーグも開幕した。

首位はV・ファーレン長崎。

6位の横浜FC、キングカズは50歳を迎えた今もスタメン出場。

もはや世界的な伝説になり始めた。

W杯出場などというチンケなものを遥かに超える、世界的な偉業を遂げつつある。

Zimg_4437a

GK櫛引は岡山でスタメンでしたが、失点が続き、21位スタート。

清水ユース出身の石毛は後半から途中出場したものの、結果を出せなかった。

岡山の今後も気になる。

まずはJ3降格を心配しなくていい順位に。

Zimg_4458a

昨日の試合でなぜかベンチ入りもしなかった竹内だが

太ももの骨が折れるまではいかないが挫傷しているそうで

二ヵ月ほどはピッチに立てないようだ。

Zimg_4474a

また、昨日の試合に出場した河井だが

アキレス腱断裂で今季は絶望のようだ。

開幕戦でアキレス腱断裂。

Zimg_4487a

竹内も河井もボランチの選手だが

コンディション作り等、劣った点があるのは否定できない。

クラブとして何が足りなかったのか、真剣に追及していく必要があるだろう。

Zimg_4506a

今後、ボランチに関してどうするべきか。

新外国人のフレイレが基軸になる。

フレーフレーフレイレ。

いま言えるのはこれだけだ。

体がでかいのは良いことだ。

Zimg_4520a

ボランチの主力二人が相次いで離脱し

開幕戦ではリーグを戦っていくスタイルを作れなかった。

今いる選手が命がけでスタメン奪取すべきなのだが

三保の生ぬるさがそれを妨害するか。

今こそ多くの選手にとってチャンスだし、チャンスはそんなにやってこない。

| | コメント (0)

コスプレ博 in 味の素スタジアム

Zimg_1659a

サッカースタジアムでのコスプレイベントに参加するのは7年ぶりでしょうか。

7年前の埼玉スタジアム以来。

今回は味の素スタジアムにてコスプレ博が開催されました。

J1のFC東京とJ2の東京ヴェルディのホームスタジアム。

飛田給だよ、全員集合。

Zimg_4863a

コスプレイヤーもカメラマンも1000円均一。

抜群のロケーション、天候も良し、アクセスもそれほど悪いわけではない。

だが参加者は少なかった。

コスプレイヤーさんは30人ぐらいはいたかな。

カメラマンは5人ぐらい。

五万人収容の巨大スタジアムをこの人数で使う贅沢さ。

Zimg_4705a

芝を背景にして撮りたいなと思っていたのだが

残念なことに芝にはシートが被せてあり養生中。

芝の周りはネットで囲ってあり、ロケーション的にはいまいちだった。

ですので、客席を背景に撮ることが多かった。

Zimg_3235a

ピッチ周りは陸上トラックを隠し、人工芝が敷いてある味の素スタジアム。

この人工芝ですが、長いロール状のものを敷いているのかと思っていた。

だが実際に歩いてみると

畳一畳分ほどの絨毯を無数に敷き詰めているだけだった。

わりと捲れやすい。

Zimg_3960a

撮影場所としては芝周りの人工芝が多かった。

広々してるしね。

客席で撮るときは、階段に立ってもらったり。

選手の更衣室や、選手バスの導線なども使えた。

Zimg_4216a

このぐらいの参加人数かなと予想して行ってみて

実際そうだった感じ。

カメコは数人だし、並びも囲みもなく

互いに撮り合いをしているレイヤーさんに声をかけ、撮影させてもらっていく。

Zimg_0487a

翌日がワンフェスじゃなければ、もう少し集まったかもしれない。

七年前の埼玉スタジアムのときの方が、まだ多かったな。

そりゃまあ、ワンフェス行きますね。

幕張メッセと味の素スタジアムでは、多くの人にとって同程度のアクセスだろうけど。

Zimg_0260a

午前中から味スタ入りしまして、終了する夕方まで居続けた。

撮影NGなレイヤーさんがおらず、エンドレスで撮り続けた。

結構な枚数になったな。

味の素スタジアムのピッチ周りをぐるぐると歩き続けた。

Zimg_1998a

隣のアミノバイタルフィールドではラグビーの試合をやっていて

その観客がスタジアム周りには多かった。

FC東京のサポーターの方達も、いくらか見受けられた。普通に記念撮影していた。

ピッチ周りに降りて撮影できる機会は少ないので、貴重な経験だった。

この日の夕方、いつものように撤収作業の指示出しをしていた主催者の方が

翌朝に亡くなられたと知って愕然。

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

TFT なっこ 神撃のバハムート ハンナ その2

Zimg_3749a

花粉予報は確認してます。

多い日と少ない日で結構差がある。

土曜日は少ないけど日曜日は多いみたい。

花粉は川を導線として山奥から運ばれてくるそうで

川の周辺だけはどんな日でも花粉が多いのだとか。

Zimg_3741a

うちの近所には神田川が流れておりますが

万世橋近くには寄らない方がいいのかも。

車の排気ガス規制と同じで

林業にも花粉規制があってしかるべき。

Zimg_3737a

東京オリンピックを機に禁煙が広まるかと思いきや

骨抜きの案が提出された。

非常にがっかり。

メイド喫茶に長居するもしないも、近くに煙草を吸う人がいるかいないか、それだけ。

大手のチェーン店は海外からの観光客を呼びこむため、どこも禁煙ですが

小さな店は煙に包まれている。

こんなに煙いのに、吸ってるのは全体の客の一割にも満たないのが悔しいところ。

Zimg_3730a

逆にいえば普段から喫煙者ばかりの店は

今更禁煙にすることないと思う。

吸いたいだけ吸えばいい。

吸わないのにわざわざ来る方が異常。

Zimg_3726a

メイド喫茶のような、多めに見積もっても客全体の一割しか吸わないなという店で

店全体を煙に包むのは悔しさもある。

ただその一割を追い出してしまえば、店の経営は悪化して潰れる可能性もある。

悩ましいところだ。

Zimg_3719a

喫煙者が30年煙草を吸い続けても、肺がんになるのは5パーセント。

まず肺がんにはならない。

日本の戦後、高度経済成長期には男性の85パーセントが喫煙者だった。

今は30パーセントにまで減ったが

高齢者にとって当たり前だった煙草を今更やめろというのは申し訳ない。

Zimg_3711a

ただ数字上のトリックは世の中つきものでして

肺がんになるリスクはそれほど高くなくても

口や喉など煙が入ってくるあらゆる場所の発がん率を出すと

4倍どころか30倍のリスクがある。

とはいっても、まあ自分がならなきゃ関係なしと思いますよ。

Zimg_3696a

煙草と税収の問題はよく取り上げられる。

煙草から得られる税収は毎年2兆円強。

喫煙が原因での病気の治療費、その保険負担が毎年1兆円を超えている。

ならば足し引きして1兆円のプラスじゃないかと喫煙者に怒られてしまう。

だが保険負担の一兆円は、明らかに煙草が原因であると特定された場合に限り

そうでないものを含めるとわからない。

Zimg_3687a

まあ煙草は誰でも吸いますやね。

自分が嫌だからと他人の生活を規制するのは心が貧しい。

吸ってるのはおまえ一人だけじゃん、っていうあのシチュエーションが苦手だな。

半々ぐらいで吸ってる場所なら誰も文句は言わない。

喫煙席でもほとんど吸ってないからこそ揉める。

| | コメント (0)

TFT なっこ 神撃のバハムート ハンナ

Zimg_3661a

筋トレ前の食事がどうあるべきかは考えどころ。

基本的には筋トレで消費される炭水化物をとっておいた方がいい。

炭水化物をとったら、体の脂肪が燃えないよという意見もあるが

炭水化物をとらずに運動すると

筋肉を壊すどころか内臓を壊していき、体の破綻である。

痩せるのではなく窶れていき終わる。

Zimg_3663a

筋トレ後はたんぱく質をとり筋肉修復に努めるのがセオリーだ。

プロテインで手軽にたんぱく質をとるのも一つ。

プロテインは過剰にとると内臓に負担だが

筋トレ後の欠乏時期に投与すると、体のあちこちを助ける。

Zimg_3654a

近所の吉野家がリニューアルオープンしたので行ってみた。

富士山の山小屋で寝るのと同じようなやり口で

カウンター席が斜めに配置されていた。

そして椅子が最悪だ。

バネで引っ張って開店する椅子。

これは腰痛持ちにつらい。腰破壊の悪魔。

Zimg_3673a

デスクチェアでも回転椅子などよく使うなと思う。

著名な漫画家が腰痛を訴え、高級なデスクチェアを使っていたりするが

ぐらぐら回転する時点で最悪だと思う。

バネもクッションも回転もない、微動だにしないがっちりした椅子こそ腰に楽だ。

Zimg_3676a

つい寝転んだ状態で腹筋等やってしまうが、ほどほどにせねば。

筋肉ではなく骨や関節の痛みと戦っている。

そこはパスすべきだ。

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

コスプレ博 in TFT  バレンタインSP

Zimg_3567a

幕張メッセの闘会議は土日の二日間開催だったのですが

土曜日だけ参加して、日曜日はお台場のTFTに行きました。

いつもの勇者屋のコスプレ博。

このいつものTFTの感じが今思えば最後になってしまった。

Zimg_3561a

入場時にはバレンタインチョコの配布があった。

小箱を空けてみると、チロルチョコサイズのものが5個ぐらい入っていた。

撮影を始める前に食べた。

血糖値を上げて撮影に臨む。

Zimg_3565a

TFTは半分使用で、残りの半分ではチアリーダーの映画をやっていた。

TFTのベランダにはその映画を見る人の行列。

みんなチアリーダーが好きなんですなあ。

行列にはコートを着込んだ若い女性が多かった。

私は生で見るのはいいですが、映画では別になあ。

Zimg_3570a

帰りはワンザの和幸でとんかつを食べた。

あの和幸は店員が中高年の男性だ。

歳をとったウェイターに会うことの少ない人生。

Zimg_3573a

以前の私なら、和幸では御飯、味噌汁、キャベツすべてお代わりしたものだ。

だがダイエットしている今、キャベツのお代わりだけに留めた。

炭水化物を避けることはしないし、普通に腹一杯食べる。

だがお代わりはしない。

Zimg_3576a

この二ヶ月間、意外なほど続いているダイエット。

食事は抑えず、お菓子やジュースを極力やめ、寝る前に食べるのも控える。

酒は一滴も飲まない。

酒と煙草は元からやらないので楽だ。

だが好物のアルフォートを控えているのは悩ましいところ。

アルフォートなら毎日食べられる。

Zimg_3514a

アルフォートより美味いものはこの世にないなと思う。

とてもジャンクな代物だが、アルフォートは人が生み出した最高傑作だ。

ホワイトバニラが好きだった。

この二ヵ月、食べてない。

Zimg_3637a

この二ヵ月で八キロほど減った。

あと少しで当初の目標を達成できる。

そしたらアルフォートを食べようと思っている。

Zimg_3586a

まあでも、飯は普通に食ってます。

定食屋で生姜焼きや肉野菜を食べますし

寿司屋でもがつがつ頼む。

Zimg_3603a

メイド喫茶では食事しなくなったな。

ハニハニのメニューはほとんどすべて、デブ一直線な料理ばかりだ。

炭水化物しか提供していない。

シロップなしの炭酸水に果物の生絞り。これぐらいかな。

サラダもあるけど、その内容はいまいち。

Zimg_3611a

何一つ為しえない人生だが

筋トレやダイエットは結果が出るものだ。

遣り甲斐あり。

Zimg_3633a

なっこさんの体重の二倍より少なくなりたいものだ。

ああ、切ない頃合い。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

闘会議 TOKAIGI 2017  ネットとリアルを融合

Zimg_3865a

バットマン7作を一気に見た。

ティムバートンから始まって20年ぐらい続いたのだな。

最初の四作はコミカル。

後の三作はシリアス。

Zimg_3772a

ダークナイトが頂点なのだろう。

アメリカなのにパッパカパーなハッピーライフでもなく英雄譚でもない。

だからといって日本的なわびさびでもない。

要はアメコミだ。

Zimg_3938a

日本の漫画と比べ、アメコミは圧倒的に劣っているという認識が一般的だろうか。

ただアメコミには容赦のない残虐さと滑稽さがある。

日本的なものがこれを真似しようとしても

ただ単に現実離れした幼稚さを露呈する。

Zimg_2721a

バットマン同様、アメコミたるシンシティ。

街自体を主人公にしていて魅力的だ。

登場人物たちはみな使い捨て。

街が躍動をもって生き続ける。

Zimg_2808a

マンハッタンは多くの作品で舞台になるが

日本だとどこにすべきか。

ここだ、という中心地がない。

あえていうなら、マンハッタンが延々と続く無限な都会である東京。

世界を見渡してもこれほど広範囲に都会が続くのは珍しい。

Zimg_2803a

アメコミに対する再評価。

これが近年のテーマでもある。

劣等だと決めつけて無視してはつまらない。

Zimg_2957a

垣根なしに、すっと入っていける作品がいいのか。

それとも高い塀を乗り越えて、独特な世界観に浸りにいくのがいいか。

Zimg_2997a

見終わったあと、読み終わったあと素晴らしく思う作品。

終わったあとはどうでもいいが、とにかく夢中になって見てしまう読んでしまう

引っ張り力がある作品がいいか。

引っ張って引っ張って長期連載の漫画たち。あとに何も残さず。

| | コメント (0)

闘会議 2017 ゲームファンとゲーム大会の祭典  幕張メッセ

Zimg_4336a

ACLが開幕しましたが

ガンバ大阪に移籍した三浦弦太はさっそくスタメンで活躍している。

我慢して使い続け、ようやく実力が蓄えられた頃には

強豪チームに0円移籍してしまう現実。

清水が今後どうあるべきか。

Zimg_5358a

長沢駿もスタメンで活躍だ。

清水エスパルスの下部組織が決して間違ったことをしてこなかった、

良い人材を育成したと証明された。

彼がプレーするのがガンバ大阪なのは残念だ。

Zimg_0839a

鹿島アントラーズはGKに韓国代表をスタメン起用。

長らく続いた曽ヶ端時代の終焉か。

曽ヶ端なら他クラブでのスタメンも充分ありえるだろうし

このままベンチが続くなら、夏場での移籍もありえる。

Zimg_0888a

昨年、リーグ優勝し、クラブワールドカップで準優勝したGKが

今年はあっさりベンチなのだから厳しいものだ。

ポスト曽ヶ端だったはずの櫛引はJ2へ。

Zimg_3129a

清水のスタメンGKとしてJ1で活躍していた櫛引。

オリンピック代表としてアジア予選を守り切った。

だが清水がJ2に落ちたため、J1の鹿島へ移籍。

結局、鹿島では出番がなく、オリンピック本番では大失態だった。

Zimg_4315a

なぜクラブで控えのGKを、オリンピック初戦でスタメン起用したのか。

迷采配。

柏レイソルのスタメンGKがチームにいるのに。

二試合目以降は彼がスタメンとなったが、遅かった。

一試合目の櫛引起用が悔やまれる。

Zimg_4381a

櫛引のポテンシャルが低いと言っているのではない。

フィールドプレイヤーですら試合勘が大事なのに

最も試合勘が大事なGKを

クラブで控えの選手に託した。

異常だ。

狂ってる。

Zimg_4592a

これが教訓となってくれればいいが

オリンピックの敗戦といえば

オーバーエイジの選手の失態についてばかり言及される。

そこじゃない。

櫛引が悪いわけでもない。

手倉森監督がなぜ櫛引を起用したかだ。

Zimg_4913a

そんな櫛引も一年遅れてようやくJ2へ行った。

J2の岡山でプレー。

岡山でスタメン起用されるかはまだわからない。

Zimg_5458a

手倉森のご乱心。

なぜ試合勘のない櫛引をオリンピック初戦で?

それについて誰も突き詰めないのが、私は最も怖い。

| | コメント (0)

メイドカジノ・アキバギルド  闘会議2017

Zimg_4751a

いよいよ三日後はJ1リーグ開幕です。

清水エスパルスはホームIAI日本平にヴィッセル神戸を迎える。

メインスタンドとバックスタンドの自由席はソールドアウト。

順調な売れ行きだ。

Zimg_4757a

神戸という相手がどうのこうのより

清水がどうあるべきかが重要だ。

FWのテセには当然マークがきつくつく。

そうなったとき他のプレイヤーがいかに効果的に動けるか。

Zimg_4798a

若手はチャンスを得たなら思い切りいくべきだ。

かつて長沢駿もナビスコカップで初めてピッチに立った際は

反則ばかりの体当たりプレーで

試合をめちゃくちゃかき回した。

Zimg_5089a

GKは植草のままいくのだろうか。

J2の第三GKとしてベンチ外だった選手が

半年後にはJ1のピッチにスタメンで立つのだから

日本はチャンスがある。

Zimg_5094a

土曜日は天候もよさそうだ。

花粉は全開かもしれないが。

東京よりも静岡の方が激しそう。

Zimg_5131a

神戸といえば神戸牛。

ダイエットで糖質制限を勧めるものが多い。

肉を食べ、米やパンを食べるな。

Zimg_5144a

いざこれを実践したものの

翌日には足の親指の付け根に激痛が走り

さっそく痛風という人も多いらしい。

Zimg_5688a

糖質、炭水化物は大事だ。

炒めもせず味付けもなし、海苔もふりかけもなし

そんな純粋な白米がいいだろう。

Zimg_5706a

ほどよくほどよく食べて暮らしたいものです。

ゆっくりゆっくり。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

ヴァルコネ闘会議フェス  泉れおな&まゆふぁむ

Zimg_5602a

闘会議2017でもっとも注目を浴びたのは

ヴァルコネ闘会議フェスのお二人でしょうか。

コンパニオンの扱いになってしまうかもしれませんが

二人のコスに多くの人が集まりました。

最近はみんなスマホを持っているので、囲みで誰でも撮れるとなると大混雑となる。

Zimg_5648a

まゆふぁむさん。

以前はTFTで撮らせてもらうことが多かったですが

最近はコンパニオンとしてしか撮ってないかも。

ヴァルキリーコネクト!シヴ。

Zimg_5580a

泉れおなさん。

グルヴェイグのコスプレ。

ブースには撮影スポットがあり、係員さんが前列の入替を行ってくれたので

撮りやすかったです。

Zimg_1198a

泉れおなさんはブースを離れて、コスプレエリアにも来てくれました。

囲み撮影でしたが、元々カメコの人数自体が多くなかったので撮りやすかった。

もっと明るい場所なら良かったですが

ストロボ火力で照らしてドカン。

Zimg_1225a

闘会議は行きや帰りの電車も混まず

海浜幕張駅周辺も混まず

平和なものでした。

Zimg_1440a

今の季節、どうしても喉が渇く。

水分は充分でも、空気が乾燥していて渇いてしまう。

自動販売機はホールを出た連絡通路にしかなく

手の甲にスタンプを押してもらい、再入場する仕組みだった。

Zimg_1451a

スタンプは特殊な光を当てないと見えない仕様だった。

係員がそのライトを当ててくれたら楽だが

こじゃれたBOXが用意してあり

そこに手を入れてスタンプを確認するため、面倒だった。

あれは無駄に時間を食ってしまう。

Zimg_1485a

京葉線は東京駅での乗り換えがネック。

あの長い道中を上手く過ごす方法とは?

それが幕張メッセのイベント最大の課題。

| | コメント (0)

闘会議 2017 GAME PARTY JAPAN  幕張メッセ

Zimg_1038a

JAEPOのブログはすでに書いたのですが

共催していた闘会議について。

闘会議のコスプレエリア目当てで幕張メッセに行きました。

闘会議のコスプレエリアは屋内の暗い一角だけ。

撮影には難がありますが、それでも多くのコスプレイヤーさんが集まりました。

Zimg_5195a

カメコも多くなかったし、程よく過ごせたかな。

これで明るかったら嬉しいのだが、遮光された屋内開催。

外は晴れてたが、ガラス張りに垂らされた遮光幕が

完全に光を遮っていた。

Zimg_5262a

闘会議はゲームの祭典。

あちこちでゲームイベントが盛りだくさんでした。

ファミコンロッキーのでかいコントローラーでゲームできるブースや

ゲーム検定を受けられる試験会場。

その他、様々な対戦やイベントが行われていた。

Zimg_3327a

コスプレエリア以外の場所で

コスプレしたまま各ブースのゲームを楽しむ来場者が多かった。

ゲームのコスでプレイヤーになりきり。

楽しんだもの勝ち。

Zimg_3331a

東京ゲームショーが遊園地のようなアミューズメント感があるのに対し

闘会議は手作りなゲームイベント。

六万人を超える入場者があったそうで。

幕張メッセがゆるく埋まった。混まないのも闘会議の良さ。

Zimg_3394a

カメコもそんなに来なかったので

列ができても大したことなかったな。

囲み撮影は余りなかった。

闘会議だからと期待せずに行ったけど、たくさん撮れて良かった。

Zimg_0951a

今はこうして幕張メッセやビッグサイトが普通に使えていますが

東京オリンピックの開催に伴い、すべて使えなくなるかもしれない。

開催する年だけでなく前年からやばそう。

毎日まったく空きがなく展示会が開催されている国内最大規模の二施設。

どうなってしまうやら。

Zimg_0265a

今年の冬は一度も風邪を引いてなくて、どうしちゃったやら。

筋トレしてるおかげかな。

でも風邪を引くことで、体を治すというし、適度には引きたいもんだ。

筋トレし続けても平熱の低体温は改善されず。

まあ、低体温でも良いことはあるみたいだし、無理に上げることもないか。

Zimg_52691

コスプレエリアの隣はライブステージでして

生演奏がド迫力で届けられ続けた。

ドラムのキックとベースの分厚さが、こちらの心臓に直接届けられる。

騒がしさというよりは、体の芯を揺さぶられる感じ。

音楽は考えさせずに感じさせるツール、素晴らしい。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

J1リーグは今週末開幕  清水エスパルス×ヴィッセル神戸

Zimg_7975a

ヴィッセル神戸といえば会社名が楽天フットボールクラブになったそうで。

楽天は一時期よく使いました。

今はヨドバシカメラの通販が送料かからず安いので

余り使ってない。

Zimg_7978a

だがたまには使う。

ガスコンロの上にボードカバーを載せたかったのだが

楽天でガスコンロカバーを見つけて購入した。

しっかりした造り。

Zimg_7986a

CP+も今週末にありますが

キヤノンは6Dの後継機の発表を見送った。

もう出ないんじゃないかというレベル。

Zimg_7995a

キヤノンのライバルであるニコンは

高級コンデジの発売を中止し、また大勢の退職者を出した。

高級コンデジは需要がない。

スマホのカメラで充分なのだろう。

Zimg_8000a

一時期ニコンは盛り返していたのだが

今はまた停滞している。

ニコンの弱点はカメラの重要なパーツを自社で造れないことだ。

キヤノンはカメラをすべて自社で製造している。

Zimg_8013a

6Dの後継機が出ないとなると

フルサイズの選択肢としては、五年も前に発売した6Dか

5DmarkⅣとなる。

5DmarkⅣはレンズキットで50万強。

なかなかな額だ。

Zimg_8014a

レンズは長く使えるが、ボディは所詮消耗品。

シャッターを切り続け、何度かシャッターユニットを交換していくうち

限界を感じ始める。

6Dがいまいちなのは、あの軽いシャッター音のせいか。

| | コメント (0)

勇者屋の片桐さんが死去

日本中のコスプレイヤーやカメラマンが長年に渡りお世話になり続けた、

コスプレイベントの主催者が亡くなられた。

一昨日に味の素スタジアムで開催されたコスプレ博では

いつも通りの元気な姿を見せていただけに大変動揺している。

私はここ10年、TFTをはじめ様々な場所で、片桐さんの開催したイベントに参加してきた。

一昨日、味スタのピッチ周りを歩く片桐さんの姿を覚えているだけに

突然の訃報に驚いている。

御冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2017年J1順位予想  識者達の多くが清水をJ2降格候補に

Zimg_7958a

サッカー番組やサッカー雑誌などでは

今年のJ1リーグ順位予想が行われている。

元選手や元監督、記者など様々な人間が1位から18位までの順位を発表する。

その過半数において

清水エスパルスはJ2降格順位をあてがわれてしまった。

Zimg_7938a

まあ、普通に考えて、エースの大前が抜けたことで

去年より戦力ダウンである。

J1昇格して戦力アップさせるのが筋なのに

戦力ダウンさせている清水を低く見積もるのは必然か。

Zimg_7954a

だが実際どうなるかはわからない。

今の選手たちの中から日本代表に昇りつめる選手が現れることは大いにある。

これだけ優秀な戦力が眠っていたのかと、周りを驚かす存在でありたい。

Zimg_7950a

大前がいなくなったことにより

テセへのマークが外れづらくなり、テセの得点力も厳しくなる。

補強はディフェンス面で行われたが、攻撃面は大前のダウンがあるだけ。

テセをがちがちに抑えられたとき、代わりに俺が決めるという強さを他の選手に求めたい。

Zimg_7962a

J1に上がり、さらに相手のディフェンスが固くなる。

テセに去年同様の爆発力を求めるのは酷だ。

だが一戦一戦勝っていこう。

ボランチでのプレーが予想されるフレイレがどう機能するかも期待大だ。

Zimg_7965a

ともに行こう

いつまでも俺たちがついている

エスパルス!

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

FUJI XEROX SUPER CUP  鹿島アントラーズ優勝

Zimg_7932aa

鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ  日産スタジアム

大方の予想通りの結果。

浦和レッズは下手な格好つけをやめ

金があるならJリーグ得点王を毎年強奪すればいい。

Jリーグ得点ランキングの上位5人ぐらい、全部引っこ抜けばいい。

実際、それより金がかかる戦力補強ばかりしてるのだし。

| | コメント (0)

« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年2月26日 - 2017年3月4日 »