日記・コラム・つぶやき

2017年7月 3日 (月)

外神田三丁目の人々

Zimg_1327aa

近所のコンビニなどでは、外国人店員の名札がひらがなだ。

どのチェーン店でもそのような表記が多い。

カタカナより親しみやすくなるからだろうか。

 

もっともっと年老いてから、トラウトは国連事務総長のトール・レンブリング博士に、

あなたは未来を恐れているかとたずねられることになる。

彼はこんな答をするだろう――

「事務総長閣下、わしが肝の縮むほど怖いのは過去ですわ」

 

いま日本では、男性の四人に一人が一生のうち一度も結婚しないそうですが

外神田三丁目を漂う人々の多くがそれに当てはまるかもしれない。

メイド喫茶に代表されるアキバの萌えビジネスといっても

秋葉原駅の間近にある大手の店は外国人観光客や修学旅行生の割合が多く

店内はメイドなどスタッフ側がアキバ色を強く出すわりに、客側がいたってノーマルだ。

どこかの地方のどこかのファミレスの店内と違うかと言われても、余り変わり映えしない。

だが中央通りを渡った先の外神田三丁目となると、客側が異質になってくる。

外神田三丁目は狭い区画だが、100店以上の萌えビジネス系店舗がひしめく。

どの店もスタッフ側はいたってノーマルで、観光客向けの店がマスメディアでやるような

萌え萌えな接客などほとんどしない。

だが集まって来る客層が極まっており、客の態度行動発言が店の雰囲気を作り上げる。

外神田三丁目で生きる人々。

| | コメント (0)

鼠の消えた通り

Zimg_1324aa

秋葉原駅前の昭和通りは歩道の街路樹が鼠の生息場所となっており

水商売の店が軒を連ね、路上で客を捕まえるホステスの足元には鼠が行き交っていた。

私も駅前を歩いていて、走っている鼠を不意に踏んでしまうことがあった。

そんな光景を行政が良く思わなかったのか、街路樹が抜き取られ、土はアスファルトで埋められた。

あんなに溢れていた鼠達が姿を消した。

鼠の消えた通り。

 

電気街のソフマップはビックカメラに変わり

利用頻度が増えそうだ。

ヨドバシカメラは長期保証が塩対応で、一万円を超えるものは買いづらい。

ヤマダ電機は長期保証が整っているが、アキバ店舗が小さすぎる。

アキバの電気街の選択肢として、長期保証に強いビックカメラが生まれたのはありがたい。

 

今年の上半期が終わった。

半年間、酒を一滴も飲まなかった。

こんな人間に自分がなるとはな。

十代のころ以来じゃないか。

煙草はもとから吸わないし、魅力なき生き様と咎められそう。

これじゃヘミングウェイになれないよ。

体から脂肪が消えていき、馬喰横山でサイズの小さな服を買い直す。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

池袋

Zimg_3247

池袋は人生において最も長く暮らした土地。

2001年に東池袋に住み始めた。

サンシャインシティの階段前を通って自宅に帰ったものです。

Zimg_3251a

池袋といえば正直野暮ったい。

なぜ新宿や渋谷に住まないかといえば家賃が高いから。

池袋は新宿や渋谷から延びる私鉄沿線の郊外より家賃が安い。

Zimg_3260a

池袋にはなんでもある。

逆に無いものを教えてほしい。

いま秋葉原に住んでいて、東急ハンズがないのは痛い。

Zimg_3271

池袋に住んでしまうような人格だろうな。

妥協と便利さ、快適さ。

私鉄沿線な洒落た街に高い家賃を払って住もうという意識がない。

山手線の駅前に一度住んでしまうと、私鉄沿線にはもう住めないな。

Zimg_3273

しばらく静岡に帰っていた時期があり

2008年に再上京したが、住んだ先はやはり池袋だった。

物件探しても、池袋ほど便利で家賃が安い土地はない。

Zimg_3276

そんな私も三年前、池袋を離れて秋葉原へ引っ越した。

ここは池袋ほど生活に便利じゃない。

秋葉原に引っ越してから不健康になってしまい

ここ二ヵ月ほど酒を断ち、ビリーズブートキャンプをやり、3キロ痩せた。

池袋に居たときぐらい健康になるには、意識的に生活を立て直さなくてはならない。

Zimg_3281

何もかもある池袋。

60階通りの賑わい。

今も服を買うのは池袋。

アキバは馬喰横山まで歩かないと、男向きの服屋がない。

| | コメント (0)