音楽

2017年11月11日 (土)

コステロ

オースティンパワーズがやっていたので見ていたら

コステロの歌声に感化された。

ああした歌声は日本の歌手ではなかなかいない。

ミスチルが近いのかもしれないが、いかんせん太さと低さがない。

日本語歌詞だと口先で歌うしかないせいか。

英語で歌う人たちの当たり前な太さと低さ。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

世界を止めて

コレクターズの世界を止めてをよく口ずさむ日々。

風が強い。

しびれる寒さ。

映画のロンググッバイを久しぶりに見て、なんだかしっくりきたので繰り返し見てる。

登場人物の多くが定職に就かず、かといってマフィアでもなく

その空気感がいいのかも。

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

オリコン1位  ユニコーン ゆ13-14

オリコンのアルバムウィークリーチャートで1位となりました。

24734枚の売り上げだそうで。

幕張メッセを埋め、武道館を連日満員にするユニコーンですらこの売り上げ。

もはやライブに来る客達も昔の曲を期待していて

ニューアルバムなど買わないのだろう。

すっかりベテランだ。

CDは売れないが全国ホール公演は埋まる。

チケット代は1万円近く、交通費等も含めれば相当なものだ。

グッズはバスタオルやTシャツなどがCDアルバムより高い値段で売られ、大人気だ。

ファン達は買い急ぐ。

比べてCDはどこでも買えるし3000円。

それでも買わない。

CDは売ったところで儲からないので意味がない、とはヨシキの言葉。

唯一CDセールスをあげているAKBすら

握手会を開催するためのホール代、スタッフ人件費もろもろで

まったく儲からない。

でんぱ組がCDシングル販売をしないのも、まるで儲からないためだろう。

握手会等の特典会を催すための費用が

CDの売り上げを越えてしまっては赤字だし、越えない範疇でやっても儲からない。

CDがどうにも儲からない時代。

音楽配信にシフトしていけない日本は、そのため世界一CDが売れる国でもある。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

ユニコーン ゆ13-14 購入

ユニコーンのニューアルバムを購入。

今回はシンプルな印象。

CDを買うこと自体、アーティスト活動を存続させるためのお布施的意味合いが強い昨今。

ユニコーンがまだまだ続きますように。

| | コメント (0)