Jリーグ・海外・代表 フットボール

2017年6月13日 (火)

W杯最終予選 イラク 1-1 日本  ورزشگاه شهيد دستگردی

Zimg_0217aa

得点 大迫 カミル

残念な失点の仕方だった。

DF吉田がGK川島にボールキャッチを促すも

飛び出す川島はボールに間に合わず。

GK川島とDF吉田でボールを挟んでお見合いのようになった状況で

イラクの選手がボールに食らいつきシュート、ゴール。

あとから見れば吉田麻也の判断ミス、ボールを外に出しておけばといったところ。

だがこうしたところこそ、まさに実力か。

このシーンが日本代表の現在のポテンシャルを明白に示した。

Zimg_0508aa

とはいえ、本田のコーナーキックから大迫のヘディングゴールは良かったです。

井手口と酒井ゴリは怪我の具合が心配。

イラクは当たりが強かった。

Jリーグのジャッジなら全部ファウルとなりそうだが、一切お咎めなし。

これがアジア水準だ。

最後は本田のシュートがあったもののGKにとめられた。

試合終了。

日本1-1イラク。

勝ち点1を獲得。

Zimg_0866a

失点の仕方が悪かった。

今節で日本の3位以内が決まり、残り全敗でもプレーオフの権利は得られる。

次は夏の終わりにホームでオーストラリア戦、アウェイでサウジアラビア戦。

埼玉スタジアムのオーストラリア戦をがっちり決めてほしい。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

日本 1-1 シリア  東京スタジアム(味の素スタジアム)

Sp1110921

得点 マルドキアン 今野

ゴールデンウィークに吹田スタへ行ったとき、今野はまだリハビリ中で

清水サポーターの開場待ち列の間を縫って、隣の練習場へ歩いていったなあ。

今は試合に出られるまでに回復したようだ。

ブログはこれで826記事目。

あと少しで体調が全快しそうだが、胃腸とメンタルがまだいまいち。

無理せずにやってこう。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

レアルマドリード  UEFAチャンピオンズリーグ優勝

Zimg_2880

ユヴェントス 1-4 レアルマドリード  ウェールズ

得点 ロナウド マンジュキッチ カゼミーロ ロナウド アセンシオ

ブッフォンは残念でした。

みんながみんな上手すぎて試合自体が芸術品。

ジダンは監督になっても全然太りませんな。

| | コメント (0)

2017年3月29日 (水)

岡崎慎司 代表50ゴール  日本はW杯予選グループ首位に

Zimg_0664qq

アウェイのUAE戦、ホームのタイ戦に連勝。

日本はW杯アジア最終予選でグループ首位に躍り出た。

本田をスタメンから外し、世代交代が上手く進んだ格好だ。

岡崎はようやくA代表50ゴール目が生まれた。得意のダイビングヘッドだった。

残り3試合は強豪との対戦ばかり。

本田には復活してもらいたい。

ACミランではシーズンを通して、出場機会がほぼ無しに終わりそうだ。

このままシーズンが終わり、0円移籍するのだろう。

今度は試合に出られる場所で、アメリカ合衆国あたりどうだろうか。

古巣の名古屋グランパスはJ2に落ちてしまったし、さすがにJ2行きはないだろう。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

FUJI XEROX SUPER CUP  鹿島アントラーズ優勝

Zimg_7932aa

鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ  日産スタジアム

大方の予想通りの結果。

浦和レッズは下手な格好つけをやめ

金があるならJリーグ得点王を毎年強奪すればいい。

Jリーグ得点ランキングの上位5人ぐらい、全部引っこ抜けばいい。

実際、それより金がかかる戦力補強ばかりしてるのだし。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

鹿島アントラーズ  天皇杯優勝

Zimg_2891a

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ  市立吹田サッカースタジアム

得点 山本 小林 ファブリシオ

ここ10年ほど元日は必ず天皇杯を生観戦しに通っていたのですが

今年は大阪での開催となって行かず。

出場は関東2チームですし、サポーターも関西へ大量移動か。

結果は誰もが予想したそのまんまですな。

気になったのは吹田スタジアムという名称かな。

本当ならガンバ吹田というチーム名になり、鹿島や磐田同様、吹田市がメジャーになって良かったのだろう。

そうならない歴史を辿ったガンバだし、鹿島は世界2位となった。

一年後はどこで開催するのかな。

関東でもなく関西でもなく、静岡エコパや豊田スタジアムでもいいっすよ。

吹田スタは駅から遠いだろうなあ。

昔、ガンバの練習場に通ってた頃も、モノレールの駅から遊園地を最短距離で抜けていっても、えらく遠かった。

あの距離が観客で大渋滞するとなると、一向に着かない気がする。

鹿島はたいしたもんですな。

清水は今年、リーグ優勝するぞ。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

Jリーグアウォーズ2016  MVPは中村憲剛

Zimg_3374a

中村憲剛というと、代表での活躍は

南アフリカW杯での決勝トーナメント、パラグアイ戦。

後半の途中出場ながら延長戦に入ったため、プレー時間は長かった。

最後PK戦で駒野が外して敗れた試合だが

延長戦の中村憲剛はとても効いていて、夢のベスト8まであと一歩だった。

清水のチョンテセも縦関係でコンビを組むベストプレイヤーとして中村を挙げている。

川崎は麻生の雰囲気がいいですね。なだらかな丘。

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

レアルマドリード  クラブワールドカップ優勝  鹿島敗北

Zimg_3595a

FIFA クラブワールドカップ 2016 ファイナル

レアルマドリード 4-2 鹿島アントラーズ  新横浜陸上

鹿島はあと一歩で勝利できるところだった。

だがPK判定をとられ、レアルに追いつかれた。

延長戦ではボコスカ決められてしまい、最終的な得点差は開いたが

あの疑惑の判定、レアルの選手の退場を主審がとりやめたシーンがなければ

どう展開していたかわからない。

ただ、それもすべて込みでフットボールだと思う。

正確さを求めるアメスポと違い、フットボールは世の中で起こることすべてを含む。

この試合、レアルは長年に渡って築いてきた貯金でもって勝利した。

これこそレアルマドリードだ。

逆にチャレンジャー側は、不利を承知の上で戦いに臨む。

恋愛、経済、戦争、学問、その他、この世のすべてのことは、これが当たり前。

鹿島は不利な立場を背負わされたが、後半途中ではリードし、健闘した。

そこで主審がレアルにPKをプレゼントしたのは

レアルマドリードが長年に渡り、戦い抜いたことで築いた貯金から発生したもの。

そして選手が退場させられなかったのも、長い歴史が生み出した神々しさと強大な圧力である。

これこそまさにレアルマドリード。

Zimg_3620a

これらを跳ね返し、優勝することも鹿島はできたはず。

だが及ばなかった。

Jリーグチャンピオンシップという非難轟々の制度で生まれた勝ち点の低い王者、鹿島。

だが今まさに絶好調のチームをクラブワールドカップへ送り出したことで

世界2位という日本の最高記録を生んだ。

トヨタ自動車が撤退したクラブワールドカップは二度と日本で開催されないだろうし

Jリーグチャンピオンシップは二度といらない。

ただこうした利益、結果を生んだ。

皮肉だが素晴らしい。

そうか、これを狙ってたんですね、と初めてJリーグチャンピオンシップに

納得したクラブワールドカップとなった。

レアルマドリードはレアルマドリードとしての歴史と貯金で優勝した。

この試合だけの強さでいえば、鹿島アントラーズが勝ったが

フットボールだけに勝敗はそこで決まらない。

鹿島アントラーズはレアルマドリードほどの歴史を築けたとき

初めて優勝できるはず。

その一歩となる準優勝、世界2位だった。

| | コメント (0)

鹿島アントラーズ  世界2位  クラブワールドカップ準優勝

レアルマドリードはPKもらった上にジャッジも覆し

至れり尽くせりでの優勝となった。

正直格好悪いわ。

鹿島アントラーズは惜しかった。

レアルの選手が退場していれば全然違った展開だったろうけど

主審がイヤホンで連絡を受け、世界が驚く取り消しとなった。

これもフットボール、まさにフットボール、

正確さを求めるアメスポにはない、この世のすべてがフットボールに詰まってる。

それも込みで鹿島はあと一歩届かなかった、足りなかった。

レアルマドリードはこれまで積み上げた貯金で優勝できた。

レアル優勝おめでとう、そして鹿島は世界二位。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

レアルマドリードを倒すなら今しかない

Zimg_3249a

レアルマドリードといえば、監督のジダンが現役だった頃

銀河系軍団といわれて最も華があった。

そのあとはロナウジーニョが牽引するバルセロナの時代が来て

選手が変われど日本での人気は延々とバルセロナが高い。

屈強なフィジカルエリートがぶち抜くレアルより

パスサッカーでピッチを遊ぶバルサの方が日本人好み。

日本人の体格でもバルサのサッカーなら真似られるという手本でもある。

Zimg_3262a

ただ、フィジカルエリートがぶち抜くサッカーも魅力高い。

こうして世界一を決める大舞台にレアルが残った。

対するは鹿島アントラーズ。

大舞台で憎いほど強いこのチーム。

浦和が金満補強をしようが、川崎が地域密着しようが

あほらしいと蹴散らして日本一となった。

飛び抜けて金があるわけでもなく

地域密着というより在京サポーターの多いこのチームが、世界一をつかみにいく。

Zimg_3218a

二十数年前のJリーグ発足ブーム、十数年前の日韓W杯でのブームを経て

現在は停滞気味なサッカー熱。

切り開くとすればダゾーンだろう。

来年からのダゾーンとスマートテレビの普及が、ライフスタイルの変化をもたらすかも。

貧困化の進む日本社会だが、最低ラインの生活でも楽しめる世界が用意されるのは

大切なことだ。

ダゾーンとスマートテレビは金持ち向けの商品ではなく、貧困層へ売りこむものだ。

安価な大画面と見放題の安価なスポーツ中継。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧